« Monolith | トップページ | Selle SMP strike carbon »

2006年3月25日 (土)

回れ!ボルト。回る感動。

6角レンチはWERAしかない。

hp_de_center_image_winkl

敢えてそう断言してしまう。

ドイツの工具メーカーWERAは、100年150年当たり前の工具メーカーとしては新興の部類に入る。
しかし、かつてSnap-Onがソケットレンチの面接触形状「Flank Drive」の特許で世界のトップにのし上がった(Snap-Onのこの特許が切れた途端、世界中の工具メーカーのほとんどはFlank Driveのパクリ製品を出したし、今も世に流通しているソケットレンチの99%はFlank Driveのパクリだ。そのくらい優れていた。独自形状にこだわっているのはせいぜいフランスにあるヨーロッパ最大の工具メーカーFACOM他2、3社くらいだ)ように、WERAも重要な特許を持っている。6角レンチの面接触、

Hex_plus_logo

のアイデアだ。

6角レンチの世界は、長いことスイスのPB Baumannが世界の最高だとされ続けていた。今もって大変多くの人がPB教の信者である。「スイス=高くていいものを作る国」のブランドイメージも手伝って余計そうなっている。そこに切り込んだのがWERAなのである。

なにより衝撃的だったのは比較TVCMで、6角の穴が空いたプラスチックの両端にPBの6角レンチとWERAの6角レンチを突っ込み逆に回すものだ。するとPBの方はプラスチックの穴をナメて空転してしまい、HEX-Plus形状のWERAが回し勝ってしまう凄いCMである。

これね、ホント。

自転車ロードレーサーには、軽量化の為にアルミのボルトがちょこちょこ使われる。もちろん力の掛かる部分には使えないが、ボトルケージ

Tao_192x144_g

の固定のように力が加わらない部分はアルミボルトを使うことも特異な話ではない。これがまあ、当然ながら軟らかいためちょっとでも力を加えすぎると一発でクルンとナメるのである。
で、私も一発やっちまったことがある。ボトルケージ用の3mm6角レンチで締めるボルトを締めていて、もうそろそろかなと思った瞬間、6角レンチがスルッと回ってしまった。回るはずないがな!!
つまりやっちまったと。当然ながら締めるも緩めるも空転状態。
この時、回していたのが奇しくもPB Baumannなんだコレが。今にして思えば何の運命のイタズラなんだろうと不思議で仕方ないが、本当だ。PB Baumannの6角はやたら丈夫(PB伝説の由来でもある)なので、私も1セット、ヤフオクで競り落とした中古を持っていた。それで回していたのだが、とにかくやってしまった。そこで脳裏を過ったのがWERAの例のCM
ものはためし。だいたいもうナメちまってんだから駄目モトだ!とWERAで緩めようとしたら、何とこれが一発でスルスルとすんなり緩んだのである。

マジかー!?

この時は本当に目を疑ったし、たかがハンドツールで小泉純一郎のように感動した。WERAの比較CMはインチキでもなんでもなく真実だったのだ。だいたい冷静に考えてみれば、ヨーロッパであれほど挑発的なTVCMを打ってウソやフカシが入っていたとしら絶対訴訟になる。あそこまで決定的にコケにされたPBがWERAを訴えもせず黙殺を決め込んでいるのは、社内で同じ実験をしたら同じに負けてしまったから以外の何物でもない。でなければ、とっくの昔にWERAを相手取って訴訟を起こしていなければならない筈のPB Baumannの顧問弁護士は弁護士ではなくアルバイト事務員が化けている。

6角レンチの神としてのPB Baumannは死んだ。WERA以外の6角レンチはゴミ箱に捨てるかヤフオクで叩き売るのが人類として正しい。あの、自社至上主義で決してSnap-OnのFlank Driveを真似することなく独自開発した形状「OGV」にこだわり続ける誇り高いFACOMでさえ、HEX-Plusの名前もそのまんまにOEMしたモノを自社ブランドで売ったほどだ。認めざるを得なかったのである。こればっかりはどうしようもない。比べたら如実に優劣が出てしまうのだから。

とうに死んだ神をいつまでも有り難がっているようでは、よく指摘されがちな「日本人はブランド工具信仰ばかりで実際に使い物になるかどうかまるで分かっちゃいないサル」話は永遠になくならない。

|

« Monolith | トップページ | Selle SMP strike carbon »

コメント

自転車乗りの中にも工具好きが居るものだなと思い、慌てて書き込みました!私もweraを使っておりますが、値段の安い割には良いですね^^
スナップオンやハゼットメインの私の工具の中で唯一使用頻度が多いのもweraです。ドライバーもTレンチのHEX、TORXもナカナカです!ただ、今流行のゴムっぽいグリップは汚れてイマイチですが・・。

投稿: maxryu | 2006年11月11日 (土) 22:27

はじめましてmaxryuさん。
これからもよろしくお願いします。
本格派の人にはおよそかないませんけど、私もけっこう工具好きです。いいお知恵があれば今後ともご披露ください。

WERA、値段が安いのも見逃せないですよね。
PBよりはっきり安くて、PBより良い。これはもう買うしかないでしょう。

FACOMのHexとかTorxはかなりの割合がWERAのOEM品です。
一流ブランド好きな人でも知らずに使っている場合がけっこうあると思います。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年11月12日 (日) 14:11

古い話で恐縮です。
国産VesselのUltraHex対Hex-Plusというのがあって、勝負の結果はVesselに軍配が上がってます。参考までにご覧ください。

http://naha.cool.ne.jp/vespass/hex_plus.htm

投稿: ランス | 2010年10月22日 (金) 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/9254755

この記事へのトラックバック一覧です: 回れ!ボルト。回る感動。:

« Monolith | トップページ | Selle SMP strike carbon »