« 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? | トップページ | 鶏むね肉ハンバーグもどき »

2006年3月11日 (土)

三種の神器

料理に必要な三種の神器。
20060311144636.jpg
テフロンなど付いていないフライパン。
圧力鍋。
オーブン。

写真は愛用の純チタンフライパン。
 

チタンの強さを活かした1mmしかない厚みが鉄では有り得ない火加減へのリニアな反応を、チタン故の軽さが振りの正確さと長時間の連続調理を可能にする。テフロン加工フライパンと違って表面処理がハゲる心配もない。

テフロン加工アルミフライパンは買ったときが最高で、使うほどに性能が非可逆的に落ちる。そして最終的に剥げれば産業廃棄物にしかならないが、このような本物のフライパンは使い込むほどに油が馴染み性能はむしろ上がって行く。その気になれば一生使えるのだ。

しかもただ一生使えるのではない。
正しく使う限り、
今年買ったものよりも5年後、5年後よりも10年後の方がよくなっているのである。本物のフライパンにとって、使われることとは摩滅ではなく進化の過程に他ならない。素敵だ。

テフロン加工アルミフライパンのようなゴミを使い潰して行く文化から脱却すべき時はとっくに来ている筈だ。
ただし、フライパンを洗剤で洗ったりするような間抜けには使いこなせない。

ちなみにテフロンフライパンは過熱すると猛毒のガスを発生する事が何年も前に既に実験で確かめられ警告され続けているが、何故か広まらない。テフロン開発元であるデュポン社の、金にものをいわせた圧力に握りつぶされているのだろうか?

よくある嘘が「テフロンだと油が少なくて済むからヘルシー」だ。

お前らは素材のヘルシー云々を語る前にまず喰いすぎ。

と、体脂肪率7%の私は断言する。

キッチンにアームストロングの7連覇時の写真が飾ってあるところが我ながら笑える。
一緒に写っているのは絶販の
atehacaコーヒーメーカー。

|

« 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? | トップページ | 鶏むね肉ハンバーグもどき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/9037488

この記事へのトラックバック一覧です: 三種の神器:

« 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? | トップページ | 鶏むね肉ハンバーグもどき »