« 浦島太郎が開けた箱 | トップページ | サクラサク »

2006年4月 4日 (火)

fi'zi:k(星屑)の向こうへ

2004年から5年にかけて最もアツかったサドルはfi'zi:kARIONEをおいて他にあるまい。

Arione

私も使っていた。

2005年第一四半期くらいまで、ARIONEは売れすぎによる品薄で、売れセンの色(やはり無難な黒が一番売れる)はなかなか手に入らない状況が続いたほどARIONEは売れた。たかが自転車用サドル売れすぎ買えないとは尋常ではない。しかもARIONEはそんなに安いサドルでもないのに、である。ARIONEは自転車パーツの通販安売りで最右翼のお店の一つであるアスキーサイクルでも9800円くらいする。普通に買えばまず間違いなく1万円コースだ。それが売り切れである。そのくらいブームになった。今でもベスト3を争う人気サドルなのは間違いなく、fi'zi:k自身も調子に乗ってレールまでカーボンにした更なる上位モデルを投入したり新色を投入したりしている。初心者に勧めるのに無難なサドルであるのも大きい。いくら傑作サドルでもSelle Italia SLRを初心者に勧めるのはよほど根性論が好きな人だろう。

確かにARIONEの乗り心地はいい。

レース用サドルとしては掟破りにふんわりしている。もはや「異様に柔らかい」と評してもよいくらいである。その割に、ノーマルのチタンレールモデルで230gとそんなに重くない。同じ230gのSelle SMP Strike EVOLUTIONがレーシングサドル丸出しで申し訳程度のクッション性しかないのとはえらい違いだ。とにかく「とっつきの良さ」でARIONEは図抜けたものをもっている。私も当時ARIONEのトップモデルだったARIONE carbonをV2 Boomerangにわりと早い時点から使用していた。

Ari1

実際に私が使っていたARIONE carbonである。

だが、絶賛の陰でわりと早い時点から指摘されていたが、ARIONEは尻に優しく、アレ優しくないサドルなのである。

ARIONEはパッド入りレーサーパンツでなくても乗れるくらい尻に優しい。これは前後長30cmと異例に長い全長と、フラットな形状にしておいた上でベースのサイドに切れ目をわざと入れることで荷重を分散するfi'zi:kの十八番「WingFlex」のもたらしたものだ。

Arione2

両サイドのスリット状の線がWingFlexである。

だが、これは本来尻にかかるべき荷重が下に逃げる構造になっているから尻が痛くならないつくりなわけで、その荷重はここが地球上である以上決して無くなったりしないから、腹腔臓器を上へと圧迫する形で荷重を分散する。荷重が分算する?ほう!そりゃすごい!などと感心している場合ではないのだ。ケツの間にある腹腔臓器とは、全部かなり大事なものではないかオイ!!そっちに分散しちゃいかんだろ。
実際、去年の鈴鹿8時間エンデューロでも、一人で走りきってケツは痛くもカユくもなくてさすがARIONEだったんだが、実はその後けっこうえらいことになった。まどろっこしいのでストレートに書くと、ちんこがですね、長時間正座した後のようになって、その痺れがまるまる一週間くらいとれなかったっス、ハイ。4日目くらいに真剣医者行かなきゃヤバいんじゃないかと思ったほど。5日目くらいから徐々に治ってきてほっとしたけど、あれは久々に真剣に焦った。そんなわけで、一時エアロバイクと自転車と両方つけてたARIONEだけど、おさらばする事に。fi'zi:k(星屑)の名の通り、星くずの彼方へサヨウナラ。

その後なんだかんだ 

Slr1

Selle Italia SLR(結構よかった)
やら 

Gelflow1

SLR gelflow(かなりよかった)
やらいっぱい試したあげく、Selle SMPシリーズが一番腹腔臓器に優しく、かつ我慢できるケツの痛さである事が分かったからだ。現在strike carbon使用中である。なお、SLR gelflowはかなり傑作サドルだと思う。これは誰にでもお勧めだ。初心者でもいけると思う。
ちなみにSelle ItaliaのSIGNO gelflowも同じくらい腹腔臓器には優しかったが、こいつは骨に直接当たってんじゃねえかオイと思うくらいケツに優しくなかった。感触がもういきなりゴリゴリしているのである。非常に複雑なレール構造を持つが、能書きほど機能していない。もしかするともっと重い人間なら機能するのかも知れないが、その前にSLRのパッドひっぺがし剥き出し版であるEvolutionよりも断然ケツが痛かったから尋常じゃない。Selle SMPの、完全カーボン剥き出しのクッション完全ゼロ!サドルであるstrike carbonの方が痛くないあたりどうかしている。SIGNOほど激しくユーザーを選ぶサドルも珍しかろう。

あまり関係ないが、ARIONE carbonの写真、こりゃなんだ?(笑)

|

« 浦島太郎が開けた箱 | トップページ | サクラサク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/9425589

この記事へのトラックバック一覧です: fi'zi:k(星屑)の向こうへ:

« 浦島太郎が開けた箱 | トップページ | サクラサク »