« SRAMロードコンポ発売 | トップページ | 77777 »

2006年6月24日 (土)

闇討ちするときは左からがお勧め

業務用の体組織測定械で体を計って貰った。
1回2000円ナリ。

ここまで色々エラソーな事も書いておいて恥ずかしい値が出たらどうしようかとドキドキもんだった。機械は疑惑の判定とかかましてくれないしなー。

さて、曝しますよ。

178cm
61.8kg

体組成測定結果

筋肉量 47.5%
水分 68.5%
骨量 20.5%
体脂肪 6.5%
基礎代謝 1529Kcal
肥満度 -11.1%
BMI 19.6
標準・薄脂体型

四肢筋肉量バランス

左上腕0.80kg 右上腕0.89kg
左右均等率89.4%
左前腕0.57kg 右上腕0.62kg
左右均等率91.8%
左上肢として1.36kg 右上肢として1.51kg
左右均等率90.4%
左大腿4.58kg 右大腿4.89kg
左右均等率93.6%
左下腿1.90kg 右下腿2.01kg
左右均等率94.3%
左下腿として6.48kg 右下腿として6.90kg
左右均等率93.8%

ADL Index

左大腿四頭筋最大筋力64.80kg 体重支持指数(WBI)1.045
右大腿四頭筋最大筋力68.15kg 体重支持指数(WBI)1.099

結果について講評も受けた。

  1. 同年齢の方として「極めて優れている」に入る部類です。お見かけした感じからも、毎日運動しておられる方ですよね?
  2. 筋量ですが、平均が37%です。筋肉質です。
  3. 水分量が素晴らしいと思います。通常は60%に達したら良くて、60%を目指しましょうとアドバイスするのですが、既に大幅に上回ってます。体内の代謝・循環状態が大変良好である事を示してまして、基礎代謝量が平均より100kcalほど高くなっています。かなり太りにくい体です。
  4. 骨量が理想値です。体重の5分の1がベストとされているのですが、見事に20.5%でした。男性でも計ってみると17%くらいの人は珍しくありません。
  5. 体脂肪は、成人男性で14〜25%が正常値の範囲です。6.5%ですので、脂肪らしい脂肪は全然付いてない体ですね。
  6. 上肢、下肢共に一般的男性の筋肉量を上回っています。特に下肢は発達しています。WBIの指数ですが、この数字の意味は「どのくらいの重さを支える力を持っているか」を示したもので、簡単に説明すると0.5以下では2足歩行ができません。0.5で全く段差のない場所においてやっと2足歩行が可能になるレベルの脚力を、両方1だと自分をもう一人背中に乗せたままで立ち上がり歩けるくらいの脚力を持っている事を意味します。10代男性でも、鍛えていなければ0.7くらいしかありません。時々健康のために走ったり運動しているような人が0.8くらい、プロアスリートで左右1.2くらいです。両足とも1を超える人はあまりいません。
  7. 筋肉の量で見ると、腕で平均より片方300gくらい、足で片方1kgほど平均より筋肉が付いています。
  8. 腕の左右バランスがかなり良くありません。筋量そのものは平均を上回っているのですが、左右差5%までに収まっているのが正常な状態で、上腕などは10%以上も差が付いてしまっています。このままの状態を続けると肩こりや首の痛みのような障害の原因になってくる可能性も高いので、意識して左手を鍛えるようにして下さい。
  9. 下肢も左右差がありますので、腕ほどではありませんがそちらも注意してもらった方がいいと思います。

2006年6月現在、こんなスペックです。

|

« SRAMロードコンポ発売 | トップページ | 77777 »

コメント

はじめましていい身体してますね(笑)
ところでこの測定はどこでできるんですか?
東京近辺でもあるんですかね〜 興味津々です... 
体脂肪率6.5%だと風邪引きやすそう...

投稿: KK | 2006年6月25日 (日) 10:25

はじめましてKKさん
これからもよろしくお願いします。

統計的には男性で体脂肪率が12%を切ると風邪をひく確率が急上昇するらしいです。私は思いっきり「クロ」なのでいつも気をつけています。
今回の計測は「健康生活サポートセンター」でやってもらったんですが、東京近辺の方が計ってくれるところは多いんじゃないでしょうか?

公営のスポーツ施設でも予約したら本格的に計ってくれるところがちょくちょくありますね。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年6月25日 (日) 12:42

測定器はこれでしょうか?http://www.physion.jp/PhysionXP/PhysionXP1/PhysionXP-1html.html

京都だと1回¥1,500、2回目以降¥1,000でできるようです。http://www.physion.jp/PhysionXP/Receptionist%20window/PhysionXP-Receptionist.html

自分もやってみたいけど、やってくれるとこがわかりません(地方在住)

投稿: CR1 | 2006年6月25日 (日) 19:35

こんばんは。

機械そのものはじっくり見てないのですが、たぶんそれで間違いないと思います。
値段的にはやや損した気分です。もうちょっとよく調べたら良かったんですね。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年6月26日 (月) 00:11

いや~恐れ入りまして、脱帽です。凄い人だとは思っていましたが…素晴らしい!!でもスポーツばかりじゃないところがもっと凄い。この探究心、文章能力、どれをとっても人並み外れてます。

投稿: yuujifukusima | 2006年6月26日 (月) 19:42

ありがとうございます。
励みになります。
でもそんなに誉めていただいてもなにも出ませんので(笑)、今後のナカミでお返しできればと思います。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年6月27日 (火) 12:45

まさしく、アスリートの身体ですね。

ちなみに、安静時心拍数はどの位ですか?
インドゥラインのところで書かれてましたが、やはり、安静時は、低ければ低いほど鍛えられた身体なのでしょうか?

投稿: ロードマン | 2006年8月28日 (月) 10:20

ロードマンさん、まいどです。
自己紹介ページに書いてありますが、安静時心拍はごく最近計ったデータで49です。

安静時心拍数ですが、一般的な傾向として低ければ低いほど鍛えられた人間である「傾向」を示すのは間違いないようです。ただ実際は運動強度を上げた時の上昇速度と、運動を停止した時の下降速度も凄く大事だと聞いています。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年8月28日 (月) 20:12

プロフィールを見落としてました。すみません。
49というのもかなり低い数値なんでしょうね。鍛えられてるので当然かもしれませんが。私は以前、病院で測られて、50台でも低いといわれました。

運動強度を上げたときの上昇速度と運動を停止したときの下降速度が大事だというのも、得心が行きました。
そういえば、ランス・アームストロングが心拍190以上で1時間運動して、休憩1分後には心拍110位まで落ちると何かで読んだ記憶があります。確か、その下降速度が素晴らしいと書いてあったような・・・うろ覚えですみません。

投稿: ロードマン | 2006年8月29日 (火) 10:11

ロードマンさん、まいどです。
こちらこそあちこちに情報が分散していて見にくい点をお詫びします。
絶対的な心拍数は生まれついての資質が相当大きく関係するので数字の自他比較には意味がない(最大心拍数も)のはもう議論の余地がないくらい常識なのですが、自分自身の平静心拍が下がればそれは心拍機能が以前より向上したことを示すのは間違いないようです。

確かマラソンの高橋選手も38とかで大変低い数字だったと思います。

私は平静時心拍数がまだ減っている辺り、まだまだ鍛えなければならない先があることと、逆にまだ伸びしろは尽きていない事を意味していると考えます。

休憩時の心拍数下降速度はかなり重要な要素で、高い負荷で長時間運動できるかどうかと密接な関わりがあるようです。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年8月29日 (火) 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/10664923

この記事へのトラックバック一覧です: 闇討ちするときは左からがお勧め:

« SRAMロードコンポ発売 | トップページ | 77777 »