« ergomo ISIS and New SRM | トップページ | 人生は手放しして長き坂を往くが如し »

2006年6月23日 (金)

ジャパンブルーの応援火だるま

…かくしてサッカー日本代表はブラジルに予想通り血祭りに上げられたわけだが、この第三戦、日本の全3試合で一番面白かったと思う。

「日本が負けたから面白かった」の「面白かった」ではない。試合内容の話だ。

相手ブラジルのサッカーが見ているだけで飽きない華麗なサッカーであったのもともかく、とにかく全力を投入し続ける玉砕戦法によって意表をつく先制点の奪取をカマす事ができたのは大きかった。とりあえず見せ場は作ったじゃん。やっぱり柳沢・高原のバカチン2トップやめたら点が入るだろ?(笑)

まあそれが災いしてブラジルに「調子乗ってんなよオラッ」とばかりにボッコボコの火ダルマにされる結果になったって噂もあるけど、世界との差をはっきり見せつけてくれて良かったじゃん。あれでもブラジルは後半あきらかに“抜いた”時間帯あったよね。抜いた試合して4-1で勝っちゃうわけですよ、ブラジルさんはよぅ。

予選突破率70%予想とか、どれだけふざけた世迷い言だったかはっきりしたじゃん。
みんな電通の情報操作に踊らされちゃダメだって。

優勝しても全然おかしくないチームだったチェコが予選落ちするのがワールドカップ。ポルトガルが今回で予選通過実に2回目なのがワールドカップ。

ニ ヘラニヘラ笑いながら余裕ぶっこきの練習なんざ、既に完成されたワザを持つ世界の一流だけに許されること。極東のサル軍団ごときはもうちょっと真剣味出し たほうがいいぞ多分。と、おやじザルは見ていて思ったな。

|

« ergomo ISIS and New SRM | トップページ | 人生は手放しして長き坂を往くが如し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/10646068

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンブルーの応援火だるま:

« ergomo ISIS and New SRM | トップページ | 人生は手放しして長き坂を往くが如し »