« 「本の人」ボルヘス | トップページ | CATEYE SL-LD-200R 身近なCapacitor »

2006年7月13日 (木)

山田浅右衛門なら一刀両断?

以前、V2 BOOMERANGの純正カーボンフォークを捨てる時、ただ捨てるのは勿体ないなと試しに切ってみた時の写真を見つけた。

D1080039

D1080040

ケストレル製とされるそれは、内部に屋外非常階段のような形状の強化リブが造作してある、大変複雑な形状だ。
切ってみて分かる意外なナカミ。

ちなみにこれを切るだけでステンレス用のジグソーブレードが1本完全にパーになった。最期の方はもう歯の“山”が丸くなっているのが視覚的に一目見て分かるくらいの摩耗ぶり。

恐るべしカーボンフォーク

|

« 「本の人」ボルヘス | トップページ | CATEYE SL-LD-200R 身近なCapacitor »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山田浅右衛門なら一刀両断?:

« 「本の人」ボルヘス | トップページ | CATEYE SL-LD-200R 身近なCapacitor »