« 十戒 | トップページ | ボーネン無念のリタイヤ »

2006年7月19日 (水)

New comer in TDF 2

今回のツールドフランスで今のところ一番笑った「新機材」がコレ。

Img_1036

前輪、ZIPP808リムにFulcrumのシール貼っただけ。
別の写真ではリムにZIPP十八番のディンプルが入っているのが写っているので間違いない。

Img_1037

Img_1038

ハンドルはリッチーのシール貼ったOVAL A911 Jetstream

Img_1042

フロントフォークはScottのシールを貼ったOVAL A900

しかも本来OVALのロゴが入っている部分をただ消すのではなく、何だか“らしい”ロゴめいたものまで入れてあるところが工夫と呼んだらいいのか手が込んだ細工と呼んだらいいのか。

ちなみにこのブレーキは決して前後付け間違いではなくてOVALのA700だ。

うーん。
このTT用自転車、もっとよく調べたらまだ出てくる気がする。

勝ちたい気持ちとスポンサー様との板挟みが可哀想すぎて涙と笑いを誘う。

|

« 十戒 | トップページ | ボーネン無念のリタイヤ »

コメント

ステッカーを使った面白そうな組み合わせを考えてみました。
1.FULCRUM Racing SPEEDにMAVICステッカー(MAVIC新型のカーボンホイールか?と思わせる。)
2.BORAにZIPPのステッカー(これはバレバレか?)
3.Bontrager RACE XXX LITEにSHIMANOのステッカー(SHIMANOが本気で超軽量カーボンホイールを作ったか?と思わせる。)
4.EASTON TEMPEST II CARBONにカンパのステッカー(あんなリムハイトのカンパホイールなんかあったか?と思わせる。)
5.BONTRAGER DISCにFULCRUMのステッカー(何じゃ?あのヘンテコなディスクホイールは?と思わせる。)

考えれば、他にもいろいろありそうです。

投稿: Carbon_Cloth | 2006年7月19日 (水) 17:41

Carbon_Clothさん、毎度です。

BORAにZIPPのステッカーとは、何だか複雑な自虐ネタっぽいですね。
逆をやる人はいそうですが。(その類の事をするための「BORA ULTRA」ステッカーがeBayに出品されていたります)

ステッカージョークはいくらでも考えられそうです。しまいには昔個人がジョークで作られていた「SHOrai」ステッカー(ヘルメットのSHOEIとAraiを合成したジョークステッカー)のようなものまであり得るでしょうし。

私は今はなきオンセチームの「何でもかんでもオンセ」な統一感がけっこう好きでした。あそこまでチーム名を全面に押し出したチームも珍しかったと思います。パーツにまでいちいちONCEマークを入れてしまう徹底ぶりは凄いなと。90年代最強チームとされるくらい強かったので余計印象深いのかも知れません。ONCEグラフィックで統一された一糸乱れぬ列車で突進するチームTTの強さが今でも思い出されます。

どこだか忘れましたが「ONCEN」なるチームユニフォームを見たことがあります。オンセのユニフォームそっくりなんですけどONCE「N」で、例の人の形をしたアイコンが温泉に入っている人になってました。見て「一本取られた」と思いましたね。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年7月19日 (水) 21:48

ステムもOVALの裏側からヘッドプレートをネジ止めするタイプのものですね。
(さらに空気抵抗を低減させたデザインになってますが)
まぁ、これはリッチーもOVALも作ってるところは、いっしょっぽいのでいいんですが。

投稿: CR1 | 2006年7月19日 (水) 23:12

CR1さん、どうもです。
確かにこれはOVALの700に自作?の蓋を被せてますね。

そしておっしゃるとおりRITCHEYとOVALのステム生産工場が同じである可能性は高いでしょうね。両社とも83°、74°のステムがラインナップされているとか、両社ともステムクランプ部が対向締めであるとか。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年7月21日 (金) 14:02

この前輪、ただの808にシール貼っただけじゃないんですね。

ZIPP420の24穴リムを1つずつ飛ばして、UCI規定ギリギリの12本にしてますね。

ZIPPのスポンサー受けてたら、普通できないわけで、CSCとかからしたら「あ、ズルイそれ」なんでしょうね。

投稿: SORA | 2006年7月26日 (水) 23:06

SORAさん,Phonakのホイールは一部この人がカスタム組みしてるって話ですよ:
http://www.wheelbuilder.com/

CSCはホイールまるごと,Phonakはリムのみとか,契約の違いがあるのかもしれませんね.

投稿: tarmac2006 | 2006年7月27日 (木) 12:51

みなさん毎度どうも

このホイールがファクトリーコンプリートではなくて808リムを使って手組してるのは間違いないでしょう。

実は私はSORAさんが12Hであることにすぐ気付いていなかったのがちょっと意外だったりします。

ZIPPの場合はコンプリートであってもMAVICとかCampagnolo、SHIMANOのように特殊形状の専用設計ハブと専用ストレートスポークを使って組まれてる訳じゃないんで、匹敵するかもしくは上回るものを手組みできる素地がもともとあると思います。

そのような意味では、ZIPPがストレートスポーク用の専用設計ハブ作ってくるのは時間の問題かと思いますけど。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年7月28日 (金) 06:45

tarmacさんの博識ぶりにはおどろかされるばかりです。

プロチームが実はカスタム組みというのが、自転車競技の面白いところですね。
しかし、手組みだと組み方が自由な反面、ハブやスポークなどが特別なものを使えない(ストレートプルができない等)不自由さがあって一長一短なのではないでしょうか?

>実は私はSORAさんが12Hであることにすぐ気付いていなかったのがちょっと意外だったりします。

そこまで鋭くないので(笑。ただの頭でっかちな初心者ですから。

ところで、先日おもしろいことを聞きました。イーストンのカーボンは、ZIPP404と同じリムなのですが、ストレートの両ねじ切りなのでテンションが高く横剛性が404よりずっとあるとのこと。
>ZIPPがストレートスポーク用の専用設計ハブ作ってくるのは時間の問題かと思います
おっしゃるとおりだと思いました。期待したいところですね。

投稿: SORA | 2006年7月31日 (月) 07:30

SORAさん、まいどです。

ZIPPは早いうちにやってくるでしょう。
あれほど割れる曲がると悪態つかれてたメーカーなのに、今やあちこちのホイールメーカーにリムOEM供給です。私もZIPPの旧型カーボンディスクホイール使ってますけど、凄く神経使いますよ。小さな段差でも高速で突っ込んだりとか厳禁です。

これだけ毎年のように製品を改良するホイールメーカーって珍しいと思います。普通もうちょっと商品としてのライフサイクルが長い。「Z」シリーズのセラミックベアリング採用とかもそうですが「製品を良くするために出来ることはなんでもやってみる」姿勢が徹底しています。

ストレートスポーク採用専用ハブは既に開発に着手していると思います。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年8月 1日 (火) 10:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/10965874

この記事へのトラックバック一覧です: New comer in TDF 2:

« 十戒 | トップページ | ボーネン無念のリタイヤ »