« CATEYE SL-LD-200R 身近なCapacitor | トップページ | Maillot Jaune »

2006年7月14日 (金)

New comer in TDF

毎年のお約束だが、開催中のツール・ド・フランスで色んな新機材がデビューしている。

Look595hushovd

LOOKのKG595
TIMEが好きなトランスリンク様のシートポストになった。
この形式はどんどん増える一方で、時代の趨勢なのだと思う。
ケーブル内蔵式。これ見た目は綺麗だし空力も少しは向上するだろうけど整備しにくいんだよね…。

Giro_ionos1

ジロの新作「Ionos」だが、このGiroロゴはいかがなものかと思う。一瞬読めなかったぞ。
「聞けば聞くほどよくなる法華の太鼓」のようなもので、見れば見るほど格好良く見えるようになるのか?うーむ。

Tdf06montello2

PINARELLOの新モンテッロ。cervelo P3とTIME RXRを合わせて煮たようなデザインになった。PINARELLOのフレーム製作にはTIMEが噛んでいるので当然かも知れないが。

Img_1057

「ランディス・ポジション(仮称)」はどうやらランディスのアメリカンジョークではない事がこれを見ても分かる。

そして

1

MAVICフルカーボンキター!のか!?

COFIDISは純フランスに近いチームなのでMAVICが試作ホイールを供給しても不思議はない。

|

« CATEYE SL-LD-200R 身近なCapacitor | トップページ | Maillot Jaune »

コメント

どうも
MAVICのこのフルカーボンは写真から推測するに、MAVICがLightweightに別注で作らせているのでは?
1.フルカーボンスポークである。
フルカーボンスポークは破断特性に劣るためLightweightは製作していない。逆にプロトでフルケブラースポークは過去にありましたが。
2.リム形状が違う。
市販されている当方所有のものと違いブレーキあたり面の成型がなされておらず、ただの三角断面でしかない。
まあこのままでは世に出ない、出せないでしょうね。1.が弱点として大きすぎますから。
しかし逆にMAVICが製作ならLightweightの構造の正しさを証明することになりますね。

あのホイールの踏み味はディスクのようで独特です。
ついでに、イオはトラックだと並みの選手は使いこなせません。回りすぎて足がついていかないのです。
ディスクもギブリは軽いけれど、世界レベルになると剛性不足のためコメットを使う選手が多いのです。(スポンサーの関係だけではない。実際ギブリを使っていた長塚選手はアテネ前にコメットに変更しています。)
長文失礼

投稿: TIME&Lightweight | 2006年7月14日 (金) 18:06

TIME&Lightweightさん、毎度鋭いご意見どうもです。

私もこのホイールはLightweightにOEM供給してもらっているように見えて仕方ありません。謎だらけのホイールですが。

iOが回りすぎる話はとても良く分かります。あのホイールの回転感覚は凄く特殊で、前に吸い込まれるような感じがありますね。

Ghibliもその通りでしょう、世界レベルどころか全日本クラスでさえGhibliを踏み破ってしまう選手がゴロゴロいるわけですから。私の知っている人でもGhibliを3枚踏み破った選手がいます。

まあ、カンパに言わせれば綺麗に回せってことなんでしょうけどね。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年7月14日 (金) 18:29

Moreniですね。他にも同チームのParraが同じのを履いて居る写真がありました。

このホイール、ツールでデビューって訳ではなくてMoreniはツール以前からこんな感じのを何度か履いて居ます。同じタイプでCosmic Carbonと同じ位網目のでっかい奴もありました。

一時は僕も「LightWeightか?」って思ったりもして居たのですが、アップされた写真のようにリムのサイドが平面状で左右から貼り合わせたものじゃない上にややラウンドして居るように見えなくもない写真があったり、スポークの付け根がadaっぽく若干太って居る写真もあってLightWeightが誇る高性能を出すためにある特徴的な構造とはちょっと違う風にも見えるので「やっぱ別物かも?」とも思えるんですよ。

この写真のものはブレーキの当たり面が成型されて居ない三角形ではなくて当たり面の位置では平行が保たれて居るはずです。
http://www.rouesartisanales.com/article-3262960.html

スポークの色については、LightWeightには全面黒塗装でカーボンの織目すら見えないものもある位なのでこいつも塗装されているだけで実際にはケブラーを混ぜてる可能性もあります。

投稿: ozaki | 2006年7月15日 (土) 05:22

まいどです。
謎ホイールの写真が増えてますね。

そのうちデビューすれば真相?も明らかになるのでしょうが…。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年7月15日 (土) 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/10905617

この記事へのトラックバック一覧です: New comer in TDF:

« CATEYE SL-LD-200R 身近なCapacitor | トップページ | Maillot Jaune »