« 「最後の命令」その真相。銃夢LastOrder 9 | トップページ | Le Tour de France 2006 »

2006年7月23日 (日)

New comer in TDF 3

さてさて、ツール・ド・フランスも大詰めに来た。
新機材ネタも花盛り。

Tdf06discott1

TREKのequinox TTX
このモデルまではただ「TTX」と呼ばれていたが、TREKの従前TT/トライアスロン用モデルであるequinoxの名前が冠名された。

  1. シートポストが調整式になった(TTXはライダーのポジションに合わせて切ってしまう、TIMEのトランスリンクと同じような方式)
  2. フロントフォークの根本、専門用語的にはクラウンレースの周りがより空気整流を意識した形になった。
  3. 同時に、TREKは頑なにCHRIS KINGのアヘッドヘッドパーツを使い続けてきたが、遂にインテグラルになった。

あたりがパッと目に付く変更点だろうか。また去年もエース(つまりランス)と数人の準エース格の選手だけが使っていた完全一体型エアロバー、確か「TTX Aerobar」かそんな名前だったと思うが、これも少し進化してこんな形になっている。

Bonty_tt_bars_proto

これは“ビッグ・ジョージ”ヒンカピーのものだが、アームレスト周りなどが確かに去年と違うのと、さすがにエクステンションの突き出し量を可変できるようになっている。(去年ランスが使っていたものは完全一体成形になっていた)

そしてこれは私が一番喜んだものだ。

Lightweightdisk2007

Lightweight Discの新型!!!
何と700c用ディスクホイールにして遂に900gの壁を突破し、830gを達成したそうだ。こうなると半端なカーボンリムホイールのほうがよほど重い(例えばSHIMANOのWH-7801carbon-50のリアは863g)わけで、いよいよ凄味を増してきた。

Lightweightのホイールの中でも、Discは他のラインナップに比べてあまりカリスマ性が無かった。確かに910gも既にダントツに軽いことは軽いしGhibliと同じようなテンション構造なのでCarbon一枚円盤(実際はそんな簡単な構造ではないが)に比べて衝撃吸収能力が高く無用の疲れをライダーにもたらさないとか数字に出ない良さもあるのだが、ZIPP900とかが例のディンプルでブイブイいわしてきたりする中でどうも埋没し気味だった。

こいつはいけてると思う。いやもう惚れた。

|

« 「最後の命令」その真相。銃夢LastOrder 9 | トップページ | Le Tour de France 2006 »

コメント

2月ごろ、岡山の工房PELOTONが開発したディスクホイールの重量は何と800グラムを切る、と一時話題になりましたね。

その後あまり話を聞きませんが、どうなったのでしょうか??
ご存知でしょうか?

投稿: ファン | 2006年7月23日 (日) 05:04

ファン さんはじめまして。
これからもよろしくお願いします。

3月か4月には製品が出来上がるとの話だったようですが、一切続報がないあたり開発が頓挫してるんじゃないでしょうか。

こう書いてはなんですが、世界中の工房がチャレンジしているなかどこもやれていないわけで、強度的にかなり無理があるんだと思いますよ800g以下は。プロトンの800g未満ディスクは、話題になった時の情報では化繊を使ったテンション構造ですよね。Ghibliがアラミド繊維を使ったテンション構造ですから、同じ構造で200g以上も軽くするのは相当困難だと思います。Ghibliはカタログ値995gですが実測1000g以下だった個体の話を聞いたことがありません。

Lightweightもきっと800を切りたかった筈です。そりゃあ数字として出したときのバリューが違いますから。でもそのあと30gが切れない。強度的に無理があるんでしょう。

ただ日本は競輪がある関係でトラック競技用具関連は凄い職人さんがゴロゴロいますから、製品化まで漕ぎ着ける可能性もあるとは思います。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年7月23日 (日) 10:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/11038920

この記事へのトラックバック一覧です: New comer in TDF 3:

« 「最後の命令」その真相。銃夢LastOrder 9 | トップページ | Le Tour de France 2006 »