« Green McEwen | トップページ | EPISODE 1 »

2006年7月26日 (水)

TIME RXS Titan Carbon

Rxs

2006年10月現在愛用しているペダル。
使うとキズキズになるので新品の時に撮っておいた。

実は、コレと挙げられる凄い特徴はないように思う。

軽い方から数えた方が早いことは間違いないがもっと軽いペダルもあるし、ステップインはやりにくい方から数えた方が早いし、けっこう高いクセしてベアリングは口うるさい人間がシマノPD-7800あたりと比べて評価するならば「カス」と評価しても全然不思議はない程度の回りだ。

たぶん優れている点は、ペダルの軸と踏み面が近いことと、独特のうにょっとした感触のフロート機構。そのくらいだ。

軸間。

メジャーなクリップレスペダル(一般に「ビンディングベダル」なる謎の和製外語で呼ばれている)としてはTIMEが一番ペダルの軸と足裏とが近くなる。この高い低いはどちらが良いのか論もあるが「好み」が結構バカに出来ないので一概に近い方がいいとか決められるわけではない。

ランス・アームストロングは選手生活の最後の方こそPD-7750、PD-7800とシマノSPD-SLペダルを使っていたが、2001年まではとっくの昔に廃盤になったペダルであるPD-7401をしつこく使い続け、このためチームのメカニックがアメリカ中の自転車屋に7401の在庫が残っていないか電話を掛けて捜したエピソードが有名になった。このPD-7401はシマノがLOOKからOEM供給を受けて売っていた古いペダルで、軸と足の裏が近く作れなかった頃の商品なため、そうでなくても元々メジャーペダルとして足裏と軸の間が一番遠いLOOKのペダルの中でも更に遠かった時代の商品なのだが、ランスはこのペダルをとにかく好み、PD-7750やPD-7800を使うようになってもランス専用にわざわざ「下駄」を履かせたような特殊なクリートが作られた事も一部のレース観戦マニアの間で「あのヘンテコなクリートは何だ」と話題になった。
で、話を元に戻すとこの「下駄」のエピソードでも分かるように実は「遠いのを近くすることはできないが近いのを遠くすることは出来る(スペーサーでも噛ませればよい)ので、近いことにデメリットは何もないと私は思っている。

フロート。

フロート機構自体はもう珍しくも何ともなくなった昨今だが、最初にフロート機構を盛んに喧伝したのはTIMEだったと思う。TIME呼ぶところの「Bioperformance」だ。TIMEのペダルは昔から一貫して足の左右や首振りが固定されない。フロートの範囲で好きなように動かせる。

ただ、足の左右首振りフロートがちょっと独特で、回していると自然に元の角度に戻る程度のゆるいテンションがかかり続けている。

力が掛かると「うにょ」と逃げるようになっていて、しかし力が抜けると自然に元に戻る。この「力が抜けると元に戻る」が他社のフロートでは珍しい。正確に書くと、私は「力が抜けると元に戻る」タイプのフロートを採用しているメーカーを他に知らない。

他社のものは基本的に「力が加わると逃げる」までの仕組みがほとんどだ。極端な例を挙げると、ずっとおかしな足首の左右角のままこぎ続ける事もできる。TIMEの場合は元に戻そうとする力が緩やかにかかり続けているのでペダリングし続けていると元に戻る。

このうにょ感覚の源は、TIMEだけ今でも金属クリートを使っているのと無関係ではないような気がする。今やLOOKもSHIMANOもロード用のクリートは全部プラスチックだが、TIMEだけはまだ真鍮パーツも使い続ける。真鍮パーツにバネの力が加わることで、クリートの首振り角度を元に戻そうとする。この真鍮パーツは何だかとても素朴で、計算して作った感じがしない。それはボディ等がいかにもインダストリアルデザインを感じさせチタンだカーボンだとウルサイのとは異なった趣を持っている。他に比べて造形がここだけ突然雑で、ビシッとしていない。きちんとデザインされたクリートのプラスチック部にボルトオンされるこの真鍮の部品は異彩を放っている。

Rxs1

Rxs2

この形、試しては削り試しては削りして作ったものを原型にして鋳造しているのではないだろうか。どう見てもコンピューターで設計した形をしていない。

TIMEはフランスらしい理屈っぽい会社だが、Bioperformanceの源は意外なところにありそうで、このあたり結構好きだ。

|

« Green McEwen | トップページ | EPISODE 1 »

コメント

こんにちは、

http://www.timesportusa.com/rxsrecall/

ご存知かも知れませんが2004年10月から2006年7月までに出された黒若しくはグレーボディのものにリコールが出ましたね。

投稿: ozaki | 2006年10月 6日 (金) 15:54

ozakiさん、まいどです。

RXSペダルのリコールに関しては全く関係ない記事でちらっと書いてます。私も交換しました。

リコールに関しての記事、書こうと思ったまま忘れてます(苦笑)

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年10月 9日 (月) 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/10812118

この記事へのトラックバック一覧です: TIME RXS Titan Carbon:

« Green McEwen | トップページ | EPISODE 1 »