« 最高の歪み具合 | トップページ | Johnny got his Tofu »

2006年7月 2日 (日)

最期の夏

その男は、こんな言葉で評される

「宇宙人」
「ボールを持つと時が止まる」

そのあまりに華麗なプレーに相手プレーヤーまでもが心を奪われ“一番近くで見ている観客”と化して魅入ってしまい思わず動きが止まることから「時を止める男」とまで呼ばれたジダン。

その時を止める魔法で、まさに奇跡を起こした。2連覇を目指したブラジルを破る。
全盛期を思い出させる足技が冴えまくっていた。

冷静に分析すれば、ブラジルの敗因となった1点はセットプレーの守備サインミスか何かなのだと思う。あの失点の瞬間、ブラジルの守備の動きはおかしかった。無意味なところに人間が溜まっていた。

でもブラジルは無力だったわけでも1点を返せないチームだったわけでもない。

ブラジルの超一流プレーヤー達は、戦力で圧倒的に勝っていた筈の自分たちがどうして負けてしまったのかよく分からないままではないか。
突破力があるが故に中央突破しようとしすぎたのが仇になったとか色々敗因分析はできるだろうけど、そのへんは評論家様共(誤った敬語)に任せておこう。

ジダンのあのフリーキック。
多くの観客がボールの描いた美しい曲線に魅入られたと思う。
その美しい曲線はFWアンリの右足に吸い込まれるようにジャストミート。サッカーなんか分からなくても「アレは凄い」と感じる筈だ。

よく指摘されていた事だが、ジダンは不思議なことに国際Aマッチでアンリの得点をアシストしたことが一度もなかった。そのせいで不仲説まで流れるほど。ジダンがブラジル戦で見せた奇跡は、このフランスの攻撃2大巨頭のホットラインが初めて繋がった瞬間だった。このとき、総合力世界最強のFWとされるアンリと時を止める男の競演が初めて成立したのだ。なるほどブラジルは彼らの協奏を盛り上げるための共演者でしかなかったのだろう。

「誰もが2番目にはブラジルが好きだ」(ちなみにこの言葉、1番好きなのは母国、との「前提」がある。ワールドカップとはそんなモノなのだ)

こんな言葉もあるくらいブラジルのプレーは常に華麗で、ファンが多い。いみじくもロナウジーニョが敗戦の弁の中で述べた「ブラジルには内容も求められる」が多くを語る。フランスの勝利はフランス以外ではあまり歓迎されないだろう(ベスト4に残った他の国には大歓迎だろうがな)。ブラジルの連覇劇を見たかった人は世界中に何億といた筈だ。予選突破すら黄色信号だったくせしてブラジルを粉砕したフランスは、紛れもなく今大会最悪のヒールである。

でも、悪いが俺は一試合でも多く「ジダン最期の夏」を見たい。
彼の最後の日々をこの目に焼き付けよう。

|

« 最高の歪み具合 | トップページ | Johnny got his Tofu »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/10758008

この記事へのトラックバック一覧です: 最期の夏:

« 最高の歪み具合 | トップページ | Johnny got his Tofu »