« Sports noodle | トップページ | あと1.2km/h »

2006年8月30日 (水)

失われた熊の真意を求めて

Project_grizzly_film

桁違いの馬鹿一代記である。

Troy James Hurtubiseは、カナダで牧場を営んでいる人物である。
1984年8月4日、俗に「Old man」と呼ばれ畏怖されている系統の巨大灰色ヒグマに山中で「おいっす!」する絶体絶命の危機を迎えるが、何故か襲われることなく一命を取り留める。

ここから彼の人生が狂う。

神のご加護に感謝して第二の人生を…とHurtubiseは考えなかった。

何故グリズリーは自分を襲わなかったのか真意を質したいと考え(←かなり狂っている)ロボコップをヒントに対クマ用パワードスーツを作り、熊にもう一度会いに行こうとする(←完全に狂っている)。実に7年の歳月と巨額の費用をぶち込み、Mark VIが出来上がる。(しかもこれで終わりではない)

彼のあまりのバカっぷりに皆感激し、クマ用パワードスーツのメーキング映画が作られる始末だ。

その後の彼と彼のパワードスーツの活躍?ぶりは映画を見て欲しい。

あまりに底抜けに馬鹿馬鹿しいのでこのTroy James Hurtubiseなる人物は架空の存在かと思ったが、なんと実在の本物。1963年11月23日、カナダ・オンタリオ州の生まれである。

世界は広いね。

|

« Sports noodle | トップページ | あと1.2km/h »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/11663919

この記事へのトラックバック一覧です: 失われた熊の真意を求めて:

« Sports noodle | トップページ | あと1.2km/h »