« SigmarionIII died. | トップページ | 五山送り火 »

2006年8月16日 (水)

Rest in Peace

こんな風に書いていたら、私が考えたよりも自体は早くしかも悪い方に動き、現地時間8月15日、Floyd Landisが所属していたチームPhonakの解散が決定した。

2006年中はレース活動を続行するが、2006シーズンをもってPhonak cycling teamは解散する。

Phonakrip1

原因はもちろんエースであるLandisのドーピング。

Herasのドーピングが引き金となってリバティセグロスがダメになった(土俵際で新生アスタナ・ウルトとして何とか存続に成功したが)ように、ドーピング過の影響は計り知れない。かつてもフェスティナがドーピング発覚を原因として解散した。

ましてや世界最大のロードレースであるLe Tour de Franceで優勝したレーサーがドーピングのクロ確定により失格ではチームのマイナスイメージは計り知れない。アメリカでは「ツールで優勝したときよりもドーピングで失格して騒ぎになってからLandisを知った人間の方が多い」なる笑えない冗談があるくらいだ。メインスポンサーであるPhonakはスイスの補聴器メーカーであり、ドーピングが持つイメージはおよそ似つかわしくない企業(ドーピングにふさわしいスポンサーなどギャング団かマフィアの類、頑張ってタバコ企業くらいだろう。製薬会社なんかブラックジョークすぎてシャレにならんし)である。無念の解散もやむなしなのだろう。

解散に追い込まれたチームのみならず、もともとPhonakに自転車を供給していてPhonakカラーモデルなどを発売していたBMC(豆知識。フォナック・ヒアリング・システムズとBMCはオーナーが同じで、ある意味兄弟会社のようなもの)は、初めて自社の自転車がLe Tour de Franceに総合優勝したことを祝って「限定ランディスモデル」の発売を検討していたに違いないと思うし、ウェアメーカー、ヘルメットメーカーなども痛手だと思う。ヘルメットのGiroは常々「限定○○カラーモデル」を出してきたので、ATMOSに替わるハイエンドモデルとして久々に登場したIonosに「限定Phonakカラーモデル」の発売を考えていたとしか思えないが、現時点で2006年をもってチーム解散決定ではPhonakモデルの発売はないだろう。

ドーピングは一人の問題ではないのだ。

|

« SigmarionIII died. | トップページ | 五山送り火 »

コメント

Phonakの解散は以前から決まっていましたよ

投稿: 載せてもらうつもりはないので適当です | 2006年8月16日 (水) 21:49

何か誤解があるようですが、コメントは基本的に全部公開してます。
恥ずかしい名前で投稿した人は、その恥ずかしいお名前で登場していただきます。自ら選ばれた道ですので。
名前が0000の人でも登場しているのはそのせいです。

そうでしたか。
私が読んだ海外記事が間違っていた(か単に読み違えた)ようですね。しかしランディスがドーピングで摘発される前にフォナックサイクリングチームの来期のスポンサーが一社決定の話が出ていました(ドーピング確定後降りました)が、その前から解散決定でしょうか?解散が決定しているチームに来期スポンサーとは不思議な話です。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年8月16日 (水) 22:01

FYI; Typo.
RIP == Rest In Peace.

投稿: roadie John | 2006年8月17日 (木) 01:31

Hi,
Thank you for advice.

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年8月17日 (木) 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/11458264

この記事へのトラックバック一覧です: Rest in Peace:

« SigmarionIII died. | トップページ | 五山送り火 »