« ツール・ド・フランス 2006 Mook | トップページ | ergomoやっと始動 »

2006年9月 4日 (月)

VISTA make it!

発売が伸びた次期Windowsの話ではない。

Vista

かなりユニークなペダル(他)の話。

強烈に大胆なカタチだが、形そのものだけ見るとかつて作られたシマノの迷作、DURA-ACE axのペダルに酷似している。

ただし目的はエアロではない。

HPを見て貰えば分かるが、あくまで拇趾球とペダル軸とを限りなく近づけることを目指したもの。

このVISTA MAGIC Xの場合は“近づける”どころか軸と拇趾球とを同じ位置に持ってくるためにわざわざこんなヘンテコ形状にしている。コレに比べたらTIMEのペダルが軸に近いとか何とかの御託など恥ずかしくて裸足で逃げ出さなければならないくらい、比較するのもあほらしいほどペダル軸と拇趾球が近い。しかもVISTA MAGIC Xの場合は靴まで含めた状態で拇趾球とペダル軸が一致する設計になっていて、靴底(足でも拇趾球でもない)と軸間を計って近いの遠いのと争っている連中とは次元が違う。近づける方法論はともかくとして、これ以上近づけるのは無理だと思われる。なにしろ本当に拇趾球を軸上に持ってきたのだから、ある種「理想を体現」したペダルなのだ。

反面、機械的ストレスを考えると非常にヤバい造形と思われる。それは、決して史上初ではないこの形式のペダルがずっと作られてこずメジャーにならなかった理由だ。

見ての通り最も荷重が掛かる足裏部分にペダル軸がこない方式だが、サイクルパーツオールカタログなりを見て貰えば一目瞭然の通り、作っている会社や方式・仕様の違いを問わず「足裏にペダル軸が来ていないペダル」は、ほとんど市販されていない。明らかに無駄にストレスが掛かる形状であり、ベアリングへの負担も圧倒的に増える。ペダルは自転車の中でも負荷が高い方から数えた方が断然早い部品なので、敢えて強度的に不利な構造はどこも安全策で避けているのだと思われる。前述axペダルでも踏み面が通常の形式のペダルより断然低いことからエアロと無関係に随分後までカルトな人気があったが、やはり妙な方向で力が掛かり続けることになる軸に大変負担が掛かるため、あまり寿命の長いものではなかったらしい。ルクセンブルクのVistadeal社はそこに挑戦した。HPに高らかに

VISTA MAKES A REVOLUTION

と謳い上げるその気概や佳し。こんな風に鼻っ柱の尖った連中は大好きだ。

VISTA MAGIC Xは軸根本のベアリング付近が異様にデッカいが、かなりガッシリしたベアリングを装備しているせいだと思う。見れば見るほどベアリング部の巨大さは半端ではない。本体はマグネシウム合金製(と当初発表されていたが、完成品はアルミ合金に変更されていた。追補)。クリート含まずの片側116gで、LOOKやTIME製のセカンドグレードくらいの非チタンアクスルカーボンペダルとどっこいどっこいだから「金属製ボディにしてはかなり頑張っている軽さ」だろう。TIMEの前の最上位モデルで4万4000円もしたIMPACT Titan Magのペア240gより軽いのだ。なお、日本には今のところ輸入されないが2本ネジ固定クリートを使用するVISTA OFF ROADも存在する。(筈だったが、結局発売されなかった。追補)

このVISTADEAL s.a.r.l.は他にもRotor Q-Ringsとほぼ同じ理屈と思われる非真円チェーンリングVISTA SYNCHRO CHAINWHEELも製造する(ただしQ-Ringsにある調整機構は無し)などいろいろアイデアマンな会社で「これから」も期待できそうだ。今のところまだ発売予定状態だがVISTA MAGIC Xを予めクランクに組み込んでペダルまで一体式とした一種究極のインテグレーテッドクランクVISTA INTEGRAL CHAINSETも作る気らしい。スルーアクスル型カーボンクランクで、ペダル込み930g予定だそうだから結構軽く、VISTA MAGIC Xのベアリングがクランクに丸ごと入り込むからQファクターが普通のクランク+VISTA MAGIC Xよりかなり狭まる。スパイダーアームが凹んでいるなど、スルーアクスル型クランク唯一の方式欠点でもあった「実はQファクターが昔ながらのクランクより広くなっている」ポイントを克服していそうだ。

なおVISTA MAGIC Xペダルの「見て分かる欠点」は、同じ長さのクランクに装着したなら明らかにバンク限界角が低くなることだ。拇趾球の位置がより下がる作りなのだから当たり前である。もちろん「曲がってる最中はペダル踏むな」でその通りなのだが、世界選手権ロードタイムトライアル2連覇のマイケル・ロジャースでさえペダルを踏み始めるのが早過ぎて内ペダルで路面を引っ掛けズドンと転倒・落車したことがあるのがこの世の現実(2004年ツール・ド・フランス個人タイムトライアルで起きた)で、1秒でも速く走ろうと思っている人間ほどこの手の失敗をやってしまいやすい。ロータリーをぐるっとヘアピンで回るコースから加速を開始しようとしたその瞬間に起きたロジャースの落車は、見ていて思わず「あーっ!」と叫んだものだが、世界選手権ロードタイムトライアルを連覇するほどの超一流実力者でもやっちまうくらい「内ペダルで路面」はメジャーな失敗である。私も転倒こそないが既に通算3回くらい地面でペダルを派手に“切削加工している。うち1回は一瞬後輪が浮いたほど思いっきり路面を踏みつけており、そのまま転倒しなかったのは99%ただの幸運。このような実体験もあるだけに気になる点だ。VISTA MAGIC Xの実物写真を見ても踏み面は相当薄く、それこそ限界の薄さで作られており、VISTA社もこの宿命的問題に当然気が付いてはいるようだ。

踏み面とペダル軸間の解決方法として、大手メーカーにはなかなか手を出せない劇的かつラジカルなアプローチであり、かなり面白そうだ。これだけ違うと使った時の感覚も間違いなく違うだろうし、是非とも試してみたい。一見値が張りそうで高くない(TIMEのRXS Titan CarbonやLOOKのKEO carbon HM等に比べると全然安い)のも好印象である。

サドル位置がかなり下がる筈なので見てくればっかり気にする人には向かないだろうけど。

|

« ツール・ド・フランス 2006 Mook | トップページ | ergomoやっと始動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/11714860

この記事へのトラックバック一覧です: VISTA make it!:

« ツール・ド・フランス 2006 Mook | トップページ | ergomoやっと始動 »