« 先進性のなさが強み?SRAM | トップページ | 普通に使えるQ-Rings »

2006年10月30日 (月)

少しの違いがけっこうな違い

TAの新しいチェーンリング

Tasquale

うっわー、完全にDURA-ACE FC-7800用SG-Xチェーンリングのパクリじゃねーか!
…と思うところだが、単なるパクリではない。

よく見て欲しい。

チェーンリングを止めるボルトがない!ではないか。

もちろん本当にボルトがないわけではなくて、ボルトがチェーンリングに一体化している作りなのだそうだ。裏面から、ナットをボルトではなくチェーンリングに一体造作されたボルト部にねじ込む。このようなボルト一体型チェーンリングはかなり珍しい気がする。少なくとも私は他には知らない。(チェーンリングとクランクを完全に一体化したものはレース用として存在するしママチャリ用にもあるが)

いざ作られてみれば、なるほどと思うところもある。今も独自路線を突っ走るTA(しつこいくらいスクエアテーパーBB用のクランクしか作らず、長さは180mmから155mmまで幅広くラインナップする)らしい製品かな。

|

« 先進性のなさが強み?SRAM | トップページ | 普通に使えるQ-Rings »

コメント

毎度です。
ナットを締めてチェーンリングを固定するとなると、ナットはどういう形をしてるんでしょう?
やはりペグスパナで締めるんでしょうか?
すると、締め付けトルクは大丈夫?という疑問が沸き起こるのですが・・・
どうなんでしょうか?

投稿: Carbon_Cloth | 2006年10月30日 (月) 08:16

Carbon_Clothさんまいどです。
確かにどうやって止めているのか不思議ではあります。
裏からの写真もみつかりませんでした。

チェーンリングボルト/ナットにはナットにアレンキーで締めるタイプのモノがあるので、それを使っているのではないかと推察しているのですか。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年11月 2日 (木) 00:08

ナット一体型チェーンリングで裏からボルトで締めるのではないかと

投稿: CR1 | 2006年11月 2日 (木) 11:10

CR1さんまいどです。
何にせよ実物見ないと分からんですね。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年11月12日 (日) 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/12453362

この記事へのトラックバック一覧です: 少しの違いがけっこうな違い:

« 先進性のなさが強み?SRAM | トップページ | 普通に使えるQ-Rings »