« 256W | トップページ | 先進性のなさが強み?SRAM »

2006年10月28日 (土)

イノベーションとまでは行かないか

6

JAGWIREが発表したユニークな新工具

「ブレーキシューの、舟からの脱着工具」である。

「ああ、なるほど」と思った。確かにこのような工具は今まで存在しなかった。すんなり装着できるシューと舟ならいいのだが、時々相性が悪いと羽目外しに大変苦労する。そこで思いついたのだと思う。これは実際に作業している人間が思いついた工具っぽい。

ただ、専用工具使ってまでやるほどしょっちゅうヤル作業か?と聞かれると微妙だ。

|

« 256W | トップページ | 先進性のなさが強み?SRAM »

コメント

メッセンジャーやってるんですが、雨でもバンバン走るので結構すぐなくなりますね~。
手もめちゃめちゃ汚れるしこの工具はいいかもしれません!

投稿: Starck | 2006年10月28日 (土) 01:40

これはいいですね
シマノのきっついカーボンリム用パッドでも大丈夫かな?
工具の方が壊れたりして
擦り減ったパッドえでは使えないとかないのかな?
いくらくらいになるんでしょうね
¥5kくらいだったら、買うかも

投稿: CR1 | 2006年10月28日 (土) 18:47

Starck さんはじめまして。
これからもよろしくお願いします。

なるほどメッセンジャーのように「走行のほとんどが町中で、ブレーキをかけまくる事になる走り方」の人であれば、より恩恵が大きいでしょうね。

CR1さんまいどです。
見たところこの工具ほとんど金属製なのでそれなりに耐久性はあると思います。
またパッドはすり減って無くても使えないと意味がないでしょうし、もともとの目的も複数種類のシューを取っ替え引っ替えして使うためのもの?にも思えます。
発表されたばかりなので値段はまだ見つけられていません。いくらでしょうね?

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年11月 1日 (水) 22:38

買いましたのでそのうちレポートします。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年12月22日 (金) 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/12448572

この記事へのトラックバック一覧です: イノベーションとまでは行かないか:

« 256W | トップページ | 先進性のなさが強み?SRAM »