« stratos for NICHE | トップページ | 5ROT »

2006年10月10日 (火)

働きマン

OLにバカウケしているらしい「働きマン」待望の新刊。
発売されたばかりである。

安野モヨコは、作品を複数読んだことがある人なら知っての通り「結末が作れない作家」だ。10本中9本は「あれ?」と思うような終わり方をする。

キャラクターを造るのは天才的だと思うのだが、どうもストーリーが最後の方でグダグダになって、絵に描いたような「尻切れトンボ」で終わってしまうのだ。

「花とミツバチ」も最後の方は話があからさまに“失速”し「はぁ?」なままで終わってしまった。折角創造したメチャクチャ面白いキャラ「オニ姉妹」が最後の方では全然出てこなくなったあたりにも失速ぶりが如実に顕れていた。

代表作に違いない「ハッピーマニア」も、あのラストはギリギリの線だと思う(実際賛否両論あるようだ)。そのような意味で、小さいエピソードを重ねてゆくタイプの「働きマン」は安野モヨコ向きの話だ。筋はあってないようなものなので、いつ最終回が来てもいい。安野モヨコは遂に自分に合うスタイルを見つけたのかな、と思う。ストーリーを造る必要のないエッセイもの「日記書いてる場合じゃねえよ」や「美人画報」では「結末の作れない欠点」が何も出なかったのだから。

|

« stratos for NICHE | トップページ | 5ROT »

コメント

浦沢直樹も同じですね。
「HAPPY」「MONSTER」「20世紀少年」なんかの中だるみに対して「パイナップルアーミー」や「マスターキートン」の短編の面白いこと。
そもそも原作が作れないのかもしれませんね。

投稿: RA3 | 2006年10月10日 (火) 01:06

緻密なストーリー構成ができなくとも、売れっ子作家になるのだから、作品の良し悪しはけしてそれだけではないということに気付かされます。雰囲気とかだけでよかったりする。

投稿: 風吹 | 2006年10月10日 (火) 09:33

「マスターキートン」は事実上原作付きですから。勝鹿北星(ラデック鯨井)という人が設定と初期の原作、浦沢の担当編集者であった長崎尚志がその後ストーリー作りを行って、浦沢本人も連載後半はストーリーを考えたらしいですけれど。
この件を巡っては、ちょっときな臭い話もあったりして、昔ちょっと話題になりました。ググってみるといろいろ引っかかりますが。
「20世紀少年」は連載だとちょっとあれなんでしょうが、単行本で読むとそんなにだれた感じはしない気がします。ただ、ひょっとして無理矢理連載続けましたか?と言う気が・・・・。

投稿: Island | 2006年10月11日 (水) 00:23

RA3さん、はじめまして。
これからもよろしくお願いします。

「MONSTER」は私も正直「なんでこんなにブームになったの?」と思った作品の一つです。「パイナップルアーミー」は傑作だと思います。

風吹さん、まいどです。
安野モヨコ、「雰囲気」と書いたらいいのか「空気感」と書いたらいいのか、そのようなものの創造に関しては図抜けた存在だと思います。「ハッピーマニア」連載の途中くらいからファッションリーダー的な存在にもなりましたね。これは本人さん自身の変化も大きいと思いますが。「俺の塩」を美味しいと思って食べてた人間が眉毛専門カリスマ美容室アナスタシア行くようになる変わりっぷりですから。

Israndさん、まいどです。
マスターキートンは絶版騒ぎが文春に載りましたね。「20世紀少年」は浦沢作品のよくない面が出てると思います。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年10月19日 (木) 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/12217227

この記事へのトラックバック一覧です: 働きマン:

« stratos for NICHE | トップページ | 5ROT »