« サドルの大本命登場か | トップページ | 2:59:36 »

2006年11月 6日 (月)

SRAMロードコンポを触ってみた

SRAMロードコンポを触れる機会があった。(サイクルモードではない)

  1. 当たり前だがRDのシフトスピードは明らかに78DURA-ACEより遅く、78DURA-ACEが「カン!カン!」とまさに目にもとまらぬと書きたいほど一瞬でチェンジしてしまう感じとは異なり、レバーを操作してからRDが動くまでの感じはほとんど同じなのだが、その後微妙に一呼吸置いてチェーンが「カシャン」と次のスプロケットに移る感じ。DURA-ACEで一気に3枚シフトダウンすると見事にチェーンが3枚分一気に駆け上がるが、SRAMで一気に3枚シフトダウンするとイチニイサンと順序を追ってチェーンが上がって行くのが分かる。この差はRDの差よりも多分に複雑高度な変速ポイントが造作設計されたシマノスプロケットの凄さの賜だと思うので、使えることがアナウンスされているCS-7800で使ってやると印象が相当変わるとは思う。
  2. リリースは小気味いいがワインドが予想外に重たく、SRAMを使ってみて初めて78DURA-ACEのワインドがいかに軽かったのかを実感した。特に重いのがFDのワインドで、かなり力を込めて押し込まないとシフトアップに失敗する。慣れもあるだろうが、最後まで押し込んだつもりでも押し切れておらずシフトアップし損なう事が度々あった。ワインドが重いのは1:1のリリース/ワインドを採用したせいが大きいと思う(シマノは1:2)。これは明瞭な構造にはなるが、作動感はまた別問題なのだろう。
  3. 見た目はとてもシンプル。カンパのエルゴパワーよりも更にシンプルだと思った。まるで昔の単体ブレーキレバーのようだ。
  4. SRAM呼んで「SRAM ATTACK」だったか?のスプリント用握りは面白いが、リリースこそしやすいもののワインドがやりにくく、スプリント用とアナウンスしているのは伊達じゃないと思った。
  5. FORCEとRIVALには、78DURA-ACEと66ULTEGRA以上の大きな差を感じた。RIVALとULTEGRAで比べるのは可哀想で、特にRIVALのシフターは105と比べても厳しい。そしてFORCE自身が既にDURA-ACEではなくULTEGRAとドッコイドッコイな感じ。重量がかなり軽いのは間違いないんだけど。

もう少し使ってみたら印象が変わるかも知れない。

|

« サドルの大本命登場か | トップページ | 2:59:36 »

コメント

サイクルモードGiantブースではSRAM試乗車がほとんだったと思います
SRAMについて言うとGiant社員が他のメーカーは複雑・複雑と念仏のように喋っていました。
年配の初心者にも同じトーク。台湾仕込みの営業かと思えました。
しかしT1000カーボンつかったAdvancedの成型はすごいですね
BB、チェーンステイ、トップチューブ、ヘッド、シートポスト
素材の強さを活かしたやりたい放題の設計でしょうか?
試乗予約が全部埋まっていたので乗れませんでしたが脚が負けるような硬さかと思われます。
TREKの社員もSSLについて同じようなこと言ってました。
しかしGiantのデザインは年々酷く....

投稿: かつ | 2006年11月 6日 (月) 06:45

私もサイクルモードで触ってきました。左手負傷中のため試乗はしませんでしたが、GIANTのブースではローラー台に固定されたバイクで変速を試せるようになっていたので、これに跨がってきました。
試したのはRIVALの方だけなんで、FORCEだと印象がまた違うかと思うんですが、
1 レバー操作の「クリック感」が強い。ちなみに自分が今使ってるのは105にティアグラグレードのリーチアジャスタブルレバー。
2 押し込む深さが結構ある。特にワインドは誤動作を防ぐためだと思いますが、結構奥まで押し込む必要があって、手の小さい私だと手首を外側に返すようにしないと動作しませんでした。まあ、そのために変速ミスは無く操作もすぐ慣れましたが。なんか長距離乗ったら腕が疲れそう。
3 変速ショックは大きい。なんかガッチャンガッチャン言いますな。実際走ってたら、結構車体を通じてそれなりの振動を感じるかなー、という感じです。

総じて、「ガタイと手がでかくて握力もあるガイジンさん向け」な印象でした。手の小さい人や女性にはあまりお勧めではないかと。

あとサイクルモードの方では、ケルビムで変なペダルが出てたり。BOMAという新興メーカーがフルカーボンの折り畳み小径車出してたのが面白かったですね。

投稿: Island | 2006年11月 6日 (月) 14:03

まいどです。

マウンテンバイクにおけるシマノ-スラム間の差異がロード用のコンポにも当てはまるみたいですね。(スラムユーザーなのです、私。)

セッティングがシビアじゃないことや、寿命が短いことも同様と思われます。
前者の特徴はMTBではちょっと重宝する場面もありますが、ロードでは。。。。

しかし、新機軸ができるのはいいことですね。
スラムが無ければ今頃MTBのブレーキはデュアコンばっかりなってしまっていたワケで。
シマノは時々暴走するので(笑、他社のブレーキが必要ですから。

投稿: SORA | 2006年11月 6日 (月) 20:57

はじめまして。ちょうど78DURA-ACEからFORCEに換装したところです。
ご指摘の様に、ワインド側の操作が重く、ストロークが大きいです。手の小さい人は大変だと思います。ワイヤーのフリクションや張り具合で更に重くなるので、組む時に気を使います。
それから、リヤが最ローの時、誤ってシフトダウンしようとすると、当然シフトダウンできず、シフトアップしてしまいます。ダブルタップの構造的欠点で、レースでギリギリの状態の時など、ちょっと問題ありです。
個人的には、軽さだけであらゆるネガティブ面を補ってしまうので満足していますが、換装して初めて、シマノのすごさに気がついたりしてます。
もし電動DURA-ACEが出て、重量が同じになったら、またシマノに戻るかもしれませんね。

投稿: もーりぃ | 2006年11月 6日 (月) 23:04

かつさん、はじめまして。
これからもよろしくお願いします。
GIANTの製品は「生産技術は世界一ィィィィィ!!!」なものを感じさせると思います。軽くて高剛性なものを量産してしまえる事にかけてはもうどこも敵わない気がします。でも設計思想がなんか変な方向行ってるように見えて仕方ありません。値段が鰻登りなのもちょっと。

Islandさん、まいどです。
GIANTのSRAMコンポのデモ、展示がヘタだなと思いました。
全部FORCEで統一すべきだったと思います。FORCEでも微妙なのにRIVALはもっとアレですから。

SORAさん、まいどです。
「ちょっと大味」がSRAMなのかも知れませんね。
それにDURA-ACE、特に78コンポは常にビッチリと整備された状態でないとすぐ作動不良になります。あれはメンテナンスとか面倒くさがる人が使えるメカじゃないなと思います。たぶんSRAMはキチンと整備してもあまり整備しなくても操作感そんなに変わらないんじゃないかと。

もーりぃさん、はじめまして。
リアがローの時に誤ってシフトダウンしてしまうとシフトアップされてしまう問題点は私も「ああ、こりゃいかんな」と感じました。

電動は2008年と噂されてますね。どうなるんでしょうか。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年11月12日 (日) 13:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/12531017

この記事へのトラックバック一覧です: SRAMロードコンポを触ってみた:

« サドルの大本命登場か | トップページ | 2:59:36 »