« OVAL full carbon | トップページ | 「はじめにお読み下さい」についてお知らせ »

2006年11月30日 (木)

Wonder X

VISTA MAGIC Xの使用感について。
時間がないので、取りあえずリポート。

これは踏み面が「ない」ペダルである。

異質も異質。
異例も異例。

この感触は、使ったことがない人間の想像を超えていると思う。私も

「なんじゃあこりゃあ!」

と思った。

普通、ペダルは一本高下駄状態のものを上から踏みつけてコントロールしており、否が応でも踏んでいる「軸」を意識せざるを得ない。

それがVISTAペダルの場合、構造的に上から吊り下げられているペダルを踏むことになる。

踏み面が広いとか狭いとかで騒いでいる場合じゃない。

どこに軸があるか、どのあたりが“踏みしろ”なのか、感覚として全然分からないのだ。メジャーなペダルとしてはもっとも軸間が近いTIME RXSペダルと比べてなお全く異次元の感覚。RXSは明らかに「軸」の存在を感じることが出来た。VISTA MAGIC Xはそのくらい踏みしろが広いのである。とにかく「ペダルを踏んでいる例のあの感触」が全くナイ、とても不思議なペダルである。なじめない人にはさぞかし違和感があることだろう。これが拇趾球とペダル軸が一致する感覚なのか。

サドルは一気に2cmくらい下がる。これだけ動いてしまうと当然サドルを動かしただけでの話では済まない。今既にヘッドチューブぎりぎりまでステムが低い場合、サドルだけ2cmも下がるとそのぶん身体が起きてしまうため、水平よりも深いステムを何とか探してくるか、フレームを1サイズ下げる事も考える必要が出てくる。VISTAペダルの特殊な特徴もあって、クランク長も変わってくる。VISTAペダルに変更する人間はポジションをイチからやり直す勇気が必要だろう。たかがペダルの変更で済まないのだ。

しかしそれでも

ようやく
まことのペダルにめぐり会い申した
無頼の月日
今は悔ゆるのみ
今日ただいまより
生涯愛用品の礼をとらせて頂きたく…

そして原作を知っていれば予想が付くことだが、このままでは終わらない。

|

« OVAL full carbon | トップページ | 「はじめにお読み下さい」についてお知らせ »

コメント

 軸を感じない感覚、、、想像つきにくいですねー(^^;)。でも、その昔にシマノのDDペダルを初めて使ったときも、DDペダルをディオーレ、600EX、デュラエースAXと使い倒し、いきなりPD7401に切替た時も、あまり気にしてなかった(--;)。もう20年以上前の話なので、体が自然に順応してたのかどうかも曖昧です(汗)。まぁ、感覚は別として、力が伝達しやすければ良いので、続編を期待してますm(_ _)m。

 お時間取れる時で結構ですが、Qファクターの拡大についての感想もお願いできれば幸いです。

投稿: コロッケうどん | 2006年11月30日 (木) 09:56

追記
 遠い過去の記憶をひたすら追いかけてみてます。多少、構造が違うDDペダルではありますが、軸というよりは板もしくはプレートを母子球からつま先までの広い部分でふんづけているような感じであったかな?。違和感無くガンガン踏めていたかな?と言う気はしています。
 ちなみに、当時の私の自転車ですが、DDペダル専用設計だったミヤタ製の市販スポルティーフやロードフレームでの使用でした。確か、BB位置やシートアングルを最適化していたとカタログにありました。

投稿: コロッケうどん | 2006年11月30日 (木) 10:14

私もこれには興味がありました。シマノAXは失敗作といわれていますが、その後のカンパの動向を見ても大きな影響を与えたのは明らかなので、もう一度シマノにあのペダルだけでも復活させてもらいたいです。ただしこのVistaXのように普通のペダル軸で。何しろフレームが小さくて済むのは魅力です。適正サイズ600mmともなると吊るしのフレームもないですし、ペダルが常に上を向いているから足を入れるのも楽そうですね。

投稿: ランス | 2006年11月30日 (木) 11:02

はじめまして
いつも楽しく拝見させてもらっています。
DDペダルはリアルタイムでは知らないのですが(最近30代突入した若造ですので)当時かなり強かったとある選手に昔話で聞いたことにゃ
「一番足が回るペダル」だったそうです。
じゃあ何で普及しなかったんですか?
「数ヵ月後一斉にシャフトが折れた」
そうです。
これが理由で興味はあるけど手が出せないでいます。

投稿: GTI | 2006年12月 1日 (金) 00:54

>GTIさん
 DDペダル全盛期にそのような事例があったのですね、初耳ですが参考になります。学生だった当事は、プロショップのチーム等にも属さず、1人で気ままに走っていたので、情報源といえば自転車雑誌のみでした。
 当事、毎朝の通学TT(約15km)で毎日思いっきり踏み込んでいましたし、路面をかいた事もありますが、DDペダルには特に支障は出ませんでした。触ったこともないシマノ製フリーのふたが緩んで、通学中にベアリングを道路にぶちまいて、残り3kmの道を押して歩いたことはありますが(爆)。ですので、トップクラスの脚力には耐えられない程度の強度と思えるのですが、どんなもんでしょ???。
 当事のフレーム+αは保管してあるので、復活させようとDDペダルをオークションで落としたりしてますが、どうなることやら(^^;)。

投稿: コロッケうどん | 2006年12月 1日 (金) 09:38

そうなんです。AXが品質問題を起こして会社が危なくなったというのはペダルのシャフト折れのことなんです。でも今の技術・材料でもう一度やり直せないですかね。

投稿: ランス | 2006年12月 1日 (金) 11:07

皆さんご期待のVISTA MAGIC X続報、そのうちやりますのでお待ち下さい。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年12月22日 (金) 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/12863296

この記事へのトラックバック一覧です: Wonder X:

« OVAL full carbon | トップページ | 「はじめにお読み下さい」についてお知らせ »