« Continental ULTRA SPORT | トップページ | シブすぎ »

2006年12月19日 (火)

MICHELIN PRO2 Race

Pro2

MICHELIN恐るべし。

私がクリンチャータイヤを使わなかったのは、クリンチャーが嫌いだからではない。

歴20年を超える中年ロード乗りにとって、ロードレーサーとはチューブラーなのだ。

それだけのことだった。

当然興味はあった。私は使いもしないものを人から聞いた話だけで否定する風潮は好かんし、これほど隆盛を極めるのには理由があるはずだ。

定番中の定番であったMICHELIN PRO Raceの後継PRO2 Raceを使ってみた。

  • MICHELINのPRO系が転がり抵抗の少なさにおいて全ロード用タイヤの中でもベスト10に2銘柄を送り込む優秀な性能を持っている(「Grip」除く)事はあちこちでテストされリポートされているが、確かにと見事によく転がる。これは体感するのに乗って1分もいらない。更に転がり抵抗が少ないPRO2 Lightは一体どれだけ転がるのだか。
  • コーナリングの安定感は中級チューブラーを圧倒的に凌ぎ、高級チューブラーでも比肩するものがどれだけあるか疑問だと思うくらい物凄く良い。
  • チューブラー比で同じか低めの空気圧にしてもちょっとゴツゴツした感触がある。良く書けば「ロードインフォメーションがしっかりしている」と書けなくもないが。
  • さすが23cなので見るからに太い。

PRO2 Raceの転がりは、チューブラーで同じ質を手に入れようと思ったら1本定価1万円以上実売8500円以上クラスでなければ到底無理なレベルにあり、それ が1本実売4000円以下で手に入るのだからたまげる。VELOFLEXのServizio CorseであるとかCarbon(これは気持ち悪いくらい良く転がるタイヤだ)であるとかの高級チューブラーは同じか上回る転がりで更にしなやかさと軽さまで備えているが、値段が全然違う上、耐久性は比ではない(VELOFLEXが圧倒的に早くダメになる)。MICHELINはエコラン用タイヤでも以前からソツのない優秀さで知られており、転がり抵抗を低くしてかつグリップも必要十分に確保するノウハウで大変質の良いモノを持っているようだ。コーナリング時の良さは特筆すべきモノがあり、これはモーターサイクルからのフィードバックなのだろうか?これだけコストパフォーマンスが違う上に装着も簡単なのだから、よほどタイヤに金を掛けられる人間以外はチューブラーに手を出さなくなるのも仕方ないか。4000円前後で買えるチューブラーには、しなやかさで勝ててもこの転がりはとても無理だ。

よほど尖ったモノを求めない限り「俺にはこれで充分」と思う人が居ることに何らの不思議はないだろう。

なおこれはホイールにHYPERON ULTRA使用の上での感想であり、クリンチャーの宿命的欠点である「重さ」が、現状の技術的限界に近いレベルで相殺されたものである点を割り引いて読んで貰った方がいいと思う。

|

« Continental ULTRA SPORT | トップページ | シブすぎ »

コメント

毎度です。

クリンチャータイヤ、私はず~っとPanaracerの上級モデル(今で言うValiant/Extream EVO2)を使用しています。
理由は「安い」上に、全天候型ともいえるゴムの配合からです。練習用としては、突然雨が降ってきてもしっかりグリップしてくれますので、とても便利です。
ミシュランのタイヤは使ったことがありませんが、一説によるとPro2 Raceは晴天は最強クラスでも、雨にはめっぽう弱く、スリッピーになるので、雨天時にこれを履いて走れれば真の漢だとか。
また、タイヤのトレッドについて、雨天時は自転車でも自動車と同じようにミゾのある方が良いとか、自転車は接地圧が高いのでミゾなどただの飾りに過ぎず、ゴム配合に全て依存するという説がありますが、この真偽を確かめていただけるとありがたいです。
個人的には後者が正しいと思っているのですが(天候問わずミゾ無しか使っていないため)、実験したことがありません。しかし、ミゾの有無の影響が大きいとする人も多いのが現状です。

投稿: Carbon_Cloth | 2006年12月19日 (火) 09:14

ぼくはあまりクリンチャーとかチューブラーとかは気にしませんが、お手軽さからクリンチャーを使うことが多いです。
雨の中乗ることも多いので、ビットリアとパナを愛用してますが、パナを使うことが多いかな♪
ミシェランは、昔はコロガリが重いことで定評が有りましたが、、、
そーいやPRO Raceのシリーズが出てから使ってないですねー。
久しぶりに使ってみたくなりました。

投稿: GONZOU | 2006年12月19日 (火) 16:49

今年の夏くらいに出てたミシュランのPro2Race、限定バージョンはもっとすごいですよ。
1セットしか買わなかったのは失敗でした。

投稿: たっつー | 2006年12月19日 (火) 20:56

Carbon_Clothさん、まいどです。
たぶんMICHELINとしてはアッサリ「雨はPRO2 Grip使って」なのだと思います。

「ミゾなど飾りです。偉い人にはそれが分からんのです」

が私の意見ですが、確かめるのは方法的に難しそうですね。あまり頑張って転倒するのも嫌ですし。

GONZOUさん、はじめまして。
これからもよろしくお願いします。

たぶんクリンチャーかチューブラーか、はたまた新登場のチューブレスかはタイヤにとって本質でも何でもなくて、ようはどのような性能を実現しているか否かが全てだと思います。MICHELINのPRO Race系は転がり凄くいいですよ。転がり抵抗テストをやるとだいたい上位に来るタイヤって決まってくる(考えてみれば当然ですが)のですが、PRO2 Lightよりもよく転がるタイヤは数えるほどしかなく、VELOFLEXのRECORD WOであるとかのかなり命知らずなモノです。パンクリスクまで考えるとPRO2 Light以上のものはないように思われます。

たっつーさん、はじめまして。
これからもよろしくお願いします。

PRO2 Race Service Corseの事ですね?
MICHELINは限定商法が好きですね〜。もともとPRO Gripも限定商品でしたよね確か。モトGPの世界でもMICHELINのスペシャルタイヤの供給を受けられる受けられないでワークスチームの政治力が分かったりしますが。

紛れもない消耗品であるタイヤに限定品ってのは「何を考えて売り出してんだか」と思うのですが、Service Corseがモノとして優れている(いた)のは間違いないようですね。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2006年12月22日 (金) 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/13091020

この記事へのトラックバック一覧です: MICHELIN PRO2 Race:

« Continental ULTRA SPORT | トップページ | シブすぎ »