« 強化作戦・戦力15諭吉 | トップページ | ASSOS ss. »

2007年1月 7日 (日)

夢の工具まであと一歩

Fhc

TH737/FHC737は、ここ数年でSnap-Onが産み出した工具の中で最高の逸品だと思う。

TH737は1/4ドライブのラチェットで、TH737のサイズが実にハンドリングしやすく大好評だったことから、このサイズのままヘッドだけ新たに作り3/8ソケットを使えるようにしたのがFHC737だ。もともとはTH737が主で、FHC737は使い手からの現場要請で生まれた製品である。

上掲写真では、チタンコートされた黄色のHexソケットが装着されているほうが1/4ドライブのTH737になる。

世には「ラチェットレンチ不要論」を唱える人が結構居る。

大抵、その理由は「実は案外速回し出来ない」からだ。

そしてその指摘は間違っていない。

ネジが緩んでいる時、ラチェットレンチはその利点をなんら発揮し得ず、逆に他の工具より遅くなるのだ。これは使った誰もが気付く問題点だ。実にオールドタイマーな工具であるTバーレンチを愛用する人が絶えない(あれは熟練した人が使うとエアツール並に仕事が速い)のもそのあたりが原因だしクイックスピンナーが作られたのもまさにこのラチェットの欠点をクリアするためだが、ラウンドヘッドラチェットにはそのような工夫が必要ない。写真を見て貰えば分かるように首が自由に回るので、完全に真っ直ぐにしてドライバーのようにクルクルと速回しする芸当がいとも簡単に可能だからだ。これは回転の軸が常にソケットの中心と同軸だからできることで、他の回転軸中心がソケットの中心からずれてしまう首振り機構を備えたラチェットハンドルにはどうあっても真似できない固有の芸当だし、どんなドライバーもTH737やFHC737ほどのトルクを掛けることはできない。首の角度が自由だから、どうしても途中で折れる必要がある場面以外でユニバーサルジョイントもお役御免だ。

夢のラチェットハンドル

に近いと思う。使ってみれば分かるが、すぐに使用頻度が上がり他の類似工具の出番が激減する。これは机上の屁理屈をいくらこね回して反論しても無意味だ。使えば分かる。「現場で実際に使ってみて圧倒的に便利で効率がいい」に尽きる。

作業効率は桁違いだ。これは一度やると普通の6角レンチを使うのが穴掘り拷問のように思えるのである。

欠点は、ヘッド固定式に比べてオンオフの切り替えに時間が掛かることと、今のところプッシュキャンセル方式のものはない事だろう。特にFHC737は何故かソケットの抜き差しが異様に渋く、他社製のソケットで渋いことに不平を述べるのは少々お門違いだとしても、Snap-On同士でさえやけに渋い。このため私は4本のFHC737に3、4、5、6mmのHAZET製ヘキサゴンソケット(自動二輪のメカニック界でほとんど神話化されているヘキサゴンソケットである)を付けっぱなしにして使っており、残る1本のFHC737と2本のTH737でソケットを抜き差しして使っている。合計7本もあるわけで、事情を知らない人から見れば「阿呆かこいつは」と思えるだろう。が、この工具は、使ったことがある人だけが共犯者の笑みを共有する。

「犯罪的なくらい便利」

これが一番ピッタリ来るかも知れない。

|

« 強化作戦・戦力15諭吉 | トップページ | ASSOS ss. »

コメント

まず、ユニバーサルジョイントの代用はできません。構造的に無理です。
次に、ヘキサゴンを使わないことについて、まったく理解できません。
ラチェットの重量、取り回しを考えると、
大方の場合それほどトルクを必要としない3.4.5あたりのキャップは
ヘキサゴンレンチの方が圧倒的に使い易いです。
スナップオンのラチェットはむしろ、15や17、21くらいの
高トルクを必要とするボルトに使うのがふさわしいです。

投稿: ななしさん脚 | 2007年1月 7日 (日) 01:06

ななしさん脚さん、はじめまして。

3/8か1/2のデカいシールドヘッドを持つラチェットしか触ったことがない人が机の上で勝負して書いているのがよく分かるほほえましいお言葉なので、どうお返事したものかなと思ってしまいますね。

取りあえず一言「人間は工具の主人で、奴隷じゃないですよ」

あと1/4ドライブは最大でも16mm、ディープだと15mmまでしかソケットがありません。理屈派ならそのくらいは把握してから書いた方が恥をかかないと思います。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年1月 7日 (日) 07:32

はじめまして、いつも楽しく読ませてもらってます。

ちょっと気になったんですが、ソケットはweraに拘らないんですか?

投稿: ぽむ | 2007年1月 7日 (日) 09:51

ぽむさんはじめまして
これからもよろしくお願いします。

単純に、現在WERAはラチェットレンチ用のヘックスソケットを作っていません。
作っているなら全部WERAで揃えていることでしょう。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年1月 8日 (月) 19:40

はじめまして。いつも楽しみに読ませて頂いております。
随分見ない間にスナップオンのグリップデザイン変わってたんですね。15年程前にこの首フリ
ラチェットの旧グリップ3/8を最初の給料で買いました。仲間の間では切り替え部のデザインか
らベンツ型と読んでいた事を懐かしく思い出しました。やはりLIVESTRONG 9/24氏の言うよう
に使い易く、すぐに1/4も買いました。
この首フリラチェットにもいくつかデザインの違いがありますが、このタイプが最も使いやすく
完成されていると思っています。自動車メカの間でも使ってる人が多いのがそれを物語っていると
思います。

4輪をメインでいじってるとTレンチってスパークプラグ用くらいしかあまり使わなかったりし
ます。エンジン屋さんとかは別かもしれませんが・・・。

投稿: hyena | 2007年1月 8日 (月) 21:13

首振りを売るのは、スタンダードより儲かるからです。ただそれだけです。便利だというのはただ売らんがためのセールストークです。スナップオンを売るのは、他社製品より儲かるからです。ただそれだけです。性能はいいところだけを見て、悪いところは見ないようにしているのです。

投稿: スナップオン売り | 2007年1月11日 (木) 01:01

スナップオン売りさんはじめまして
これからもよろしくお願いします。

プロレタリアートの悲哀が滲み出ている文章ですね。その利益率が高い、つまりより自分のメシの種になるモノの悪口を書いて平気なあなたの精神状態に同情します。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年1月12日 (金) 23:06

礼儀を知らぬは正にプロレタリアート的だと思いますがいかがなものか?
慎み深い表現を使うべきですよ。

投稿: 稲門会 | 2007年1月13日 (土) 16:55

稲門会さん。人に慎み深さを説くなら、まずはあなた自身がそのぜんぜん慎み深くない名前を何とかするのが先決ですね。

人を笑い死にさせるのが目的なら、大変効果的ですが(笑)

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年1月13日 (土) 19:09

「稲門会」ってそういう意味だったんだ。私はてっきり稲○会系の方々の横の親睦会かと。
「礼儀を知らぬはまさにプロレタリアート的」って、労働者は礼儀を知らず、礼儀正しいのはブルジョワジー/資本家という基本認識で宜しいんでしょうか。六本木ヒルズにでもお住まいですか?

投稿: Island | 2007年1月14日 (日) 13:59

まず始めにハンドルネーム間違ってすいませんでした。

工具から随分それた話になっていますね。あんまり難しい言葉は分りませんが、スナップオン売りさんが言っておられる事が寂しいことに聞こえることは確かです。
工具の優位性なんてものはカタログや人から聞いた単なる情報ははそれ以上でもそれ以下でもない。単なる参考なんじゃないでしょうか?やはり実際にそれを使って自分がどう感じたかが真実。実際に私はその首フリに関しては凄く使いやすいと思っています。狭いエンジンルームで何度救われたことか。ラチェットハンドルを振り回す場所がない部分ではかなり重宝します。現場で8年間愛用した感想です。
使いづらいと感じる人ももちろんいるでしょう。それはその工具の性能が発揮する必要のない状況だったかもしれませんし、感覚的に合わなかったりなどの事なら一つの意見として分るのですけどね。
どこで聞いたか分らず真意は確認できていませんが、スナップオンはフランクドライブなどのパテント期限が切れあまりハンドツールでの優位性が保てなくなった・・・と。結構スナップオン売りさんも大変なんでしょうね。心中お察し申し上げます。

LIVESTRONG 9//26殿
出すぎたマネしてすいません。これからも更新期待しています。

投稿: hyena | 2007年1月15日 (月) 12:45

はじめまして。スポーツ自転車専門店で働いていた者です。

>3本のFHC737に4、5、6mmのHAZET製ヘキサゴンソケットを付けっぱなしにして使っている。

同じ事をされていた方がおられるのにビックリ!&喜びを感じております。コレを使い始めて組み立て能率アップでL型ヘックスレンチは工具箱でおやすみの時間が多くなりました。仮締めから本締め完了まで工具を持ち替えたりしないで本当にラクです。
お客様の前で作業していると「便利そうですね、おいくらします?」と尋ねられ、¥を答えると絶句されますが、その価値がわからない人には一生わからないと思います。

他の記事も事象に対する深い洞察と愛情が伺えてなみなみならないこだわり&適度なユーモアがあふれる文体が心地よいです。

ちょくちょく覗かせて頂きます。よろしくお願いします。

投稿: noguchi | 2007年1月17日 (水) 21:44

はじめまして!
とても興味深い内容で面白く拝見させていただきました。
私もWERAのHEXファンです。
同じようにラチェットで使いたくて思案した結果、若干剛性感は落ちますがWERAのHEXBitとBitホルダー1/4で使用しております。
ただ、大きいサイズに関してはビットの首下の方が細くなり(6.3mmのため)精神衛生上よろしくないので、廃番のWERA・HEXソケット3/8をデッドストックで探し使用しております。
巷ではHEX・ドライバー共にPBの天下ですが,分かっていらっしゃる方は分かっていらっしゃるのですね。
何となく喜ばしく思いました!
これからも更新楽しみにしております。

投稿: sei | 2007年1月22日 (月) 00:10

noguchiさんはじめまして
これからもよろしくお願いします。

使えばわかりますよね。
糞の役にも立たないプライドだけ無駄に高く屁理屈ばかりこねて眼前の現実を認められない人は可哀想です。まるで第二次世界大戦末期の日本軍司令部。

seiさんはじめまして
これからもよろしくお願いします。

WERAのソケットドライブ、私もトルクスだけはデッドストックを手に入れることに成功したのですが、Hexはなかなか見つかりません。何故生産をやめてしまったのか分かりませんが、WERAはFACOM他にHexやTorxをOEM供給していたりする関係で、その手の政治的理由により生産をやめたのかも知れません。私も以前書きましたアルミボルトをナメるまでは正直なところ特にWERAを高評価していたわけではないのですが、PBで空回りするボルトをWERAですんなり弛めることに成功してからは「PBは死んだ」と思いました。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年1月25日 (木) 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/13339055

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の工具まであと一歩:

» 笑いが止まらない [GINRINBLOG]
少し前のエントリーで、面白いサイトを見つけたことを書いたが、その中でSnap-o... [続きを読む]

受信: 2007年11月24日 (土) 12:27

« 強化作戦・戦力15諭吉 | トップページ | ASSOS ss. »