« TREK? | トップページ | PRO VT-1 Debut »

2007年1月27日 (土)

一家に一台

Sdcamp07d1jig019

ポジション調整器

「うわー、これあれば断然便利だよなあ」

と思った。

一家に一台(笑)あれば、サドルを換えたりシートポストを換えたりetc.の変更を加えても同じポジションをすぐ再現できそう。それこそフレームから変わってしまっても元のポジションがすぐ得られるだろう。

私などは膝の故障持ちなので、サドルの高さが2ミリ違う状態で2時間走ったら一発で膝に違和感が出てしまう。実際、走行感がおかしいと思ってチェックしてみたら段差を乗り越えた衝撃でポストが2mmほど下がってたせいだったとか、機材変更が多いクセして機材変更に物凄く神経を使わされるのだ。

細部かなり凝った作りで、見れば見るほど相当に高そうだけどね。
UCIルールに則ったサドル位置が出せるようになっていたり、明らかにプロ用だし。

|

« TREK? | トップページ | PRO VT-1 Debut »

コメント

この前はどうもでした(笑)

うわー、これ、僕もめっちゃ欲しいです!
僕のシートポストも段差で下がってしまうので、
これがあれば毎日でもチェックしたいですね。

ところで本日サドルの高さを基本のペダルが一番遠い
位置でかかとがつくくらいから、あの今中さんが推奨
するペダルから数センチ靴が浮く高さにセッティング
してみました。
しかし!めちゃくちゃ違和感あります!
家に帰るころには少し慣れましたが、どうもこれで
いいのかと不安になります。
プロが言うことなのでこのままのサドル高で慣れれば
問題ないということなんでしょうかね?
ちなみにLivestrongさんはどのようにサドル高をセッティングされたますでしょうか?

投稿: Sirkey | 2007年1月27日 (土) 21:05

ああ、これは便利そうですね。
2万くらいでミノウラが似たようなものを出してくれない物か・・・。

投稿: | 2007年1月27日 (土) 21:29

>               あの今中さんが推奨
>するペダルから数センチ靴が浮く高さにセッティング

 推薦はしていないでしょ。雑誌社がネタになるから写真撮って、プロ仕様とコメントを付けたということでしょう。罪作りだな
あんないっぱいいっぱいの事しなければ、あっちでついて行けなかったと受け取るべきではないかな。実際、軽業は長くは続かなかった。
 速くなる魔法のセッティングなんてない。王道は『基本通り』でしょ。が基本を100%ものにできる人は多くない。だから(しかたなく)選手それぞれの『スタイル』が出来るんでしょう。
それはその選手のその時点でのもの。また自分の『スタイル』も能力、技量の不足からかも知れないから、固定的に考えると損するよ。

投稿: あー | 2007年1月28日 (日) 13:04

Sirkeyさんまいどです。
この調整器そのものは売り物ではない可能性が高いと思います。
売り物にしては作りが精妙すぎ、売り物にして買う人間が出る値段で作れると思えない。
ポジションですが、サドルの高低に関しては単純な法則があります。

膝の前が痛くなれば低すぎ
膝の裏が痛くなれば高すぎ

これで調整していってどちらも痛くない領域があります。幅は個人差がかなりあるでしょうが、私は書きました通り2mmくらいしかありません。最適なポジションはいつでも最終的に体が教えてくれると思います。ただそれを聞く態度がないと耳に入っているのに聞こえない。
私もよく聞き逃すので人に偉そうな講釈を垂れる立場にはないのですけど、走り込むには不自然なポジションだとどうしても不具合が出て続きません。その意味では練習量が少ない人はおかしなポジションでもいけてしまう。サドルのマッチングにしても、ローラー4時間乗ろうとする人間と1時間で「しびれてきたからやめ」とやめてしまう人間とで同じレベルになる筈がない。1時間でやめる人は、2本締めピラーでサドル先端を1mmとか2mm動かす微調整に何の意味があるんだと不思議がると思いますし、やたらサドル換える奴はアホかと思うかも知れません。1時間で痺れている時点で、間違っていることを体は教えてくれているのに聞こうとしていないからです。

謎の方、ミノウラが2万で出してくれたら私は速攻買います。

あー さん、はじめまして
これからもよろしくお願いします。

基本が王道だけど、基本を100%モノに出来る人は多くない。

全くその通りでしょうね。基本とされている事をきっちりモノに出来る人の方がずっと少ないでしょう。ミゲル・インドゥラインはサドルとハンドルの落差が実に2cmしかなかったそうです。それでLe Tour de Franceを5連覇した。「レーシーな」ポジションとされるポジションの方が速い人は実は才能が無い部類に入るのかも知れません。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年1月30日 (火) 17:10

あー さん初めまして!

「基本を100%ものにできる人は多くない。「
このフレーズ、LIVESTRONGさんともども感銘しました!
基本こそ究極、だと改めて感じました。
身に染みました・・・


LIVESTRONG さん返信どうもです!

膝の前が痛くなれば・・・

これすごく参考になりました!!!
今雑誌などである基本の高さにしているのですが、膝の前が微妙
に痛い感じです。
その基本の高さは、個人の足の大きさまで考慮に入れてませんか
ら(私は28センチ)微調整の余地ありですね。
探求あるのみっすね!

サドル高を調整していたときに実際私は言われました。
「そんなんで変わるのか?」と。

本当に人間のセンサーは高性能だと思いますよ。
人間の舌は髪の毛の細さでも感知できるし、サドル高の1,2ミリ
も然りです。

だから本気で欲しい!と思うのですが^^;

私があのゲージを見た感じでは、メインポストのオフセットがつ
いているところの曲がり具合とか全体のつくりはワンオフもので
はなくてかなり完成されたある程度量産されている物のように感
じました。

きっとチーム関係のみのご用達でしょうけど^^;
売り物にして買う人間が出る値段で作れると思えないというのは
確実なところでしょうね!(ショボイ眼力ですけど(笑))

ところでこの写真などが乗ってるサイトはどちらでしょうか?

投稿: Sirkey | 2007年1月31日 (水) 01:08

遅レスですけれど

>その基本の高さは、個人の足の大きさまで考慮に入れてませんから
 この点について思いついたことを書いてみます。(回りくどい点はご容赦を)
 脚長×0.875公式が足の大きさ、クランク長を考慮に入れてないことにはワタシも疑問を持ち、以前はまったく無視していました。四苦八苦の末、これがベストだという高さを見つけ、ある日遊び半分に足の長さを測り電卓を叩くと・・ピッタリなのですよ。欧州ロード界の伝統恐るべし!

 今考えるにこういうことではないでしょうか。
 私(たち)の疑問が生まれたのは、サドルーペダル間を静的に考え、据わりの良い距離を求めたため。対して欧州の経験則は、廻すという当たり前の前提でサドル高を考えていた。
 つまり私たちはサドル高を、下死点にあるペダルとサドルの距離で考えがちですが、クランクは廻すものという前提と重ね考えれば、サドル長もその運動との兼ね合いで考えるべきで、ペダルは上死点と下死点の間をクランクに規定されて、周りながら上下するという当たり前のことに気が付きます。
 ペダルが下死点にあるときだけ着目しても、実はそこで数ミリサドルが高くても、足先をちょいと伸ばせば届いてしまうわけです。推進力として踏むという入力は終っているわけですからそれは容易いことで、他人の自転車をそのまま借りてもチョイ乗りならば何とかこなせるとおりです。
 脚長×0.875公式は、最も力の入る3時の位置に着目しているのではないでしょうか。
この位置ならクランク長も足のサイズ(正確にはくるぶしとペダル軸の距離)もサドルの前後位置で吸収されています。クランク軸を一方の基準にするのは理に適っていると言えます。
 また話は飛ぶようですが、クランク長は半径としてテコの原理で考えるのではなく、直径として腰、膝の関節の可動域の規定性として捉えるべきと思っています。この辺りもこの公式の取り方は欧州流の考え方を示唆しているように思います。如何でしょうか?
(前回いいかげんなハンドルで書込みましたが、常用度の高い(笑)ハンドルに変更します。ワタ兵衛拝)

投稿: あー ことワタ兵衛 | 2007年2月 3日 (土) 22:33

 ワタ兵衛さんどうもっす。
やっぱりその0.875というのは格式ある伝統の
数値のようですね。

ところで、脚長(股下)の計り方なのですが、他のサ
イトさんをのぞいてみると靴をはいてなのか、素足の
ままなのかということが書いてありません。(今ちょ
っと短時間で調べただけですが)

ワタ兵衛さんの場合どうされてますでしょうか?
あとペダルの厚みや、クリートの厚み分はどのように
してますか?
LiveStorongさん毎度です!

このブログのコメントの文章形式なのですが、行間が
ある程度広くて見やすいですね。
これはブログの設定のほうで行間や標準の文字高を
設定することができるのでしょうか?

PS:シートチューブ延長線にクランクを持ってきて
   靴がペダルから数センチ浮く高さは、足腰の故
   障が発生する確率が高くなるそうです。

投稿: Sirkey | 2007年2月 4日 (日) 01:06

Sirkeyさん、デザインは一応ごちゃごちゃ弄っておりますハイ。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年3月13日 (火) 21:10

 >デザインは一応ごちゃごちゃ
 私もHP立ち上げようと思っているので目下勉強中
。できたらお知らせします。しがない内容ですが(笑)

先ほど書き忘れましたがSirkeyからtomonskeyに
改名しました。
今後ともよろしくっス。

投稿: tomonskey | 2007年3月30日 (金) 00:17

こちらこそよろしくお願いします。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年3月31日 (土) 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/13654026

この記事へのトラックバック一覧です: 一家に一台:

« TREK? | トップページ | PRO VT-1 Debut »