« OVERCOMING | トップページ | 今月の痴れ言 »

2007年3月 7日 (水)

EC90 AERO

Ben_jacquesmaynes_priority_health_tt_bik

期待のホイールとなるか。

特徴的なのが、ハブ。
いやもちろんVEROMAX時代から十分に特徴的だったのだけど、非常に特徴的となった。

Ben_jacquesmaynes_priority_health_tt_bik_2

あえてナローフランジ化したFハブ。これはバトンホイール以外ではまず見られない大変珍しいものだ。もちろんエアロ効果を狙ったものだろうが、横強度で不利な構造だけにどれほどの完成度か見物である。

|

« OVERCOMING | トップページ | 今月の痴れ言 »

コメント

毎度です。

ハブのフランジ―フォーク間が楕円になっているように見えますが、もしそうなら取り付け方向が最初から決まっていそうですね。
フランジ幅が狭くなっていますが、SAPIM製両端ネジきりスポーク継続ならば問題ないと思います。ニップルが見えませんが、BORAと同じようにニップルがリムの中に入っているのでしょうか?
EASTONホイールは「ユーザーは振れ取りするな」が前提な上、両端ネジきりスポークのおかげで全くといっていいほど振れが出ませんので問題はないと思いますが・・・
空力向上も狙っているのかもしれませんね。

また、リアの製品版がどうなっているのかが非常に気になります。現行R3ハブの時点でかなりの完成度だったのですが、それを改良した上、リムもオリジナル。早く見たいものです。

投稿: Carbon_Cloth | 2007年3月 7日 (水) 09:00

TempestⅡCarbonを買うのを待ちたくなりますね。
とはいってもそもそも予算が追いつくかどうかなんですが。

投稿: やまさ | 2007年3月 7日 (水) 11:31

Carbon_Clothさんまいどです。
鋭いところにお気づきですね。
これ、大変珍しい「装着角度が決まっているハブ」です。
ニップルはBORAのようにリム内部に入る方式です。空力の向上が目的だそうです。

やまささんはじめまして。
これからもよろしくお願いします。

Tempest II carbonは「待ち」でしょう。
EC90AEROの様々な改良は明らかです。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年3月 8日 (木) 01:56

>LIVESTRONG 9//26さん

>はじめまして。
改めてよろしくです。
ご多忙のご様子ですのでご自愛下さいませ。

>「待ち」でしょう。
ですよねえ。
「改良」なるか「改悪」なるかが楽しみです^^
私は今のところカンパの06シロッコの一本で
通勤からレースからイベントまでまかなっているので、
レース用(出来れば普段用も含めて)にちょいと良いホイールを
一セット購入を考えていたのでかなり気になっていたのです。
こちらのでの色々なインプレは参考の一つにさせて頂いておりますm(_ _)m

投稿: やまさ | 2007年3月 8日 (木) 09:27

毎度です。

EASTONのサイトにR3/R4ハブ技術情報がアップされていたので、覗いてみました。

使用されているベアリングは"ハイブリッド"だそうです。おそらく球だけセラミックのベアリングであるという意味だと思われます。

意外なところでまだハイブリッドベアリング使われていました。BontragerのXXXも確かハイブリッドカードリッジベアリングでしたよね?
EASTONとBontragerホイールが非常に良く転がる理由はこのへんにあるのかもしれません。

また、EC-90ホイールのリムですが、見た目がLEWっぽいですね。もちろんEASTONオリジナルでしょうが、WH-7801Cリムのような質感です。EASTONオリジナルカーボンの製品は、ハンドルを使ったことがありますが、軽いだけでなくて非常に剛性が高く、ハンマーでドツいても割れないじゃないかと思うくらい頑丈だったので、大変楽しみにしています。

投稿: Carbon_Cloth | 2007年3月 8日 (木) 10:20

私も、買えませんけど(苦笑)EC90AEROの出来は楽しみです。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年3月13日 (火) 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/14145422

この記事へのトラックバック一覧です: EC90 AERO:

« OVERCOMING | トップページ | 今月の痴れ言 »