« 携帯電話からの閲覧にココログが対応開始のお知らせ | トップページ | 花見 »

2007年4月11日 (水)

けのはなし

さて、すっかり暖かくなり、朝練以外はSSジャージにレーサーパンツで走る季節が完全にやって参りました(東北以北の方はゴメンナサイ)

そこで問題になるのが毛ですな。毛。
すね毛ね。

これが意外と奥深い。

「え?剃るの?」
と思った皆さん、ご退場下さい。剃る剃らないは自由なので、今回の話題は無関係です。モジャモジャの毛を曝して走ってください。個人的な意見を述べさせて貰うと、およそ見るに堪えんので誰も見てないところを走って欲しいですが。

さて、すね毛の処理方法となると…。

  1. 剃り派
  2. 抜き派
  3. 永久脱毛派

に大別される。
その中でも細かい分派が幾つか。

メリット編

剃り派

金がかからず手っ取り早いのがメリット。特に安全カミソリを使う場合、安さと処理時間の短さはダントツと思われる。

抜き派

前は痛いわ超面倒臭いわで素人が手を出す分野ではなかったが「ソイエ」等の発売でわりと身近になった。抜いた後の仕上がりの綺麗さでは永久脱毛と何ら変わりない高レベルの美観。毛が皮膚から出てくるまでは抜かなくていいので処理サイクルが剃りより長くて済む。また毛は一斉に揃って生える訳ではないので一度全部抜くと後は生えてきた分だけ順次処理すれば良く、常に全面積を処理し続けなければならない剃りよりメンテの手間が掛からない。

永久脱毛派

基本的には最強。なんせ二度と生えてこないので、一度やってしまえば後はノープロブレム。

デメリット編

剃り派

処理直後でもよく見ると毛が見える。まあそんなとこをジロジロ見るようなキモい奴は炎天下の車内に放置した方がいいが。髭と同じで、3日も放っておくと無精髭状態に突入。また安全カミソリの場合、顔は掌、足の裏に次いで皮膚が厚いのがネックとなる。つまり掌と足の裏以外は顔よりも皮膚が薄い関係で髭を剃るときよりもずっとカミソリ負けしやすいのだ。けっこう傷だらけになるかも知れない。個人差はあるが、カミソリで剃ってしまうと伸びてきた時にちくちくしてカユい場合が多い。

抜き派

痛さへの耐性は個人差が激しいが、最初はけっこう痛い。そして抜きだけでなくカミソリで剃った場合でも起きるのだが、毛穴とはけっこう面倒臭いもので、毛が抜けると“治癒”して穴が塞がってしまう(永久脱毛するとツルッツルになる原因)事がよくある。しかし毛は伸びてくる。どうなるか?行き場を失った毛は「皮膚の下に潜ったまま伸びる」のである。そして下手をすると皮膚の下を伸びた挙げ句に隣の毛穴に行き着いてそこに突入する暴挙も平気でやってのける。これらモグラ毛(正式名称不明)は一本一本ほじくり返す以外に手がなく、この「ほじくり」をやり出すと剃りよりも遙かに時間と手間が掛かってしまう。

永久脱毛派

本当にちゃんと永久脱毛出来るところでやってもらうと驚愕するほど高い。カミソリが何千本も買える。また本当に永久となると半年から1年くらいのスパンで通う必要がある。毛根には「休眠期」があり、今生えている毛が全てではないからだ。生えていない毛の処理は出来ないので、完了するまでは金も根気も必要。レーザーだと痛くないとか甘いことを思っているなら大間違いで、方式に拘わらず痛い。これは永久脱毛の原理が「毛根にある毛母細胞を焼き殺す事で生えてこなくする」からで、方法が電気針かレーザーかに関わらず細胞焼いてんだから絶対に痛い。それゆえ施術側が痛くないを謳っているとすればパチもん永久の可能性は極めて高い。

技術的な事を述べると、ヤグレーザーは永久脱毛できない。開発元自身が永久は無理でっせと宣言している(1シーズンくらいはもつ)のだそうだ。アレキサンドライトレーザーかダイオードレーザー、もしくは電気針が「永久」を可能にする方法であるとか。詳しいことは美容の医者に聞いてちょ。

永久を除き、意外と鬱陶しいのが「皮膚の下に生えてしまった毛」である。一度もぐられると一本一本ほじくり出すほかない。これを防いで快適なむだ毛処理ライフ(笑)を実現するには、つまるところ「きちんと処理しすぎるな」に尽きると感じている。つまり、抜くのは間違いで剃るにしてもカミソリはやめておいた方がいい。電気シェーバーで適当に剃るのが一番だ。シェーバーはひげ剃り用でもいいし、体毛用でもいい。ひげ剃り用の方がよい刃を持っており、高価だ。PHILIPSのようにどっち向けに動かしても剃れるタイプは膝のような複雑な形をした場所を剃るのに超便利である。設定は決して深剃りにしてはならぬ。それこそ皮膚から1mmくらい出ていても気にするな。また剃ればいいのだ。ビシャビシャに剃り上げて、皮膚の下に潜られたら1本あたりにロスする処理時間は半端ではない。ほどほどを1日に1回やると、ほとんど気にならない状態がずっと保てる。毎日やれば、そんなに厳密にやらなくても次にカバーできる。このへんは髭と同じだ。
なお、少数派で「薬品で抜く(溶かす)派」がいるが詳細不明。試したらまたレポートするが、現状あえて試す必要がないしなあ…。

私は「抜き」「カミソリ剃り」「シェーバー剃り」について全部何ヶ月か試したが、結局一番面倒臭くないのはシェーバーで適当に、だがしょっちゅう剃る方法だった。抜きは確かに綺麗になる。が、カミソリ剃りと抜きは例の“モグラ毛”がやたら発生し、これの処理に時間を食われてたまらんのである。電気シェーバーを使う場合、決して深剃りを売りにしている機種は使わないこと。モグラ毛の発生にずっと悩まされる。

 

金があれば永久脱毛もいいだろうが、下手するとLightweight買えるからねぇ。

女優じゃあるまいし、毛にそんな金は掛けたくないや。

|

« 携帯電話からの閲覧にココログが対応開始のお知らせ | トップページ | 花見 »

コメント

美観にだけならこだわるなら、足を黒く塗りつぶすとかどうでしょうか?
 
 しかし、一度ツルツルになるともうやめられませんね、興奮ものです。膝の裏とかスゲー剃りづらいけどちょびっと生えているとイライラするし・・・。おっしゃるとおり妥協点を見つけないといけませんね。  
 ツールに出てるプロ選手はどうしてるんですかね、休息日に剃ってるのか?

投稿: cano | 2007年4月11日 (水) 00:58

はじめまして、こんばんは。
以前から拝読致しております。
常々ただならない探究心、洞察力に舌を巻いておりましたが、これほどの変態、もとい求道家でいらっしゃるとは恐れ入りました。
僕は安全剃刀派であります。
髭が柔らかく、電気剃刀では剃れないのでシェーバーを持っていないから、というのも大きな理由ですが。
可能であれば、昔から多くの女性が言うところの「剃ると濃くなる」という説の研究、考察もご発表頂けますと喜ばしく思います、笑。
ちなみに、僕の奥さん(自身もサイクリストであります)は、「HELL ON WHEELS/マイヨ・ジョーヌへの挑戦」の一場面、ロルフ・アルダークが剃毛しているところに、エリック・ツァベルの声が「もうこれ以上はやめられない」とオーバーラップするシーンを深読み?して「やっぱり剃り始めると止められないのよ!!」と息巻いておりました。
これからも楽しみに期待しております、どうぞ宜しくお願い致します。 

投稿: Mackey | 2007年4月11日 (水) 03:17

てっきりアマチュアは剃らなくてもいいもんだと思っていましたが、
この記事を参考にしつつ剃ってみました。
電動カミソリで荒く刈って、シェーバーで整えました。
剃ってみると意外と気持ちいいもんで、病み付きになりますな。

投稿: 喋る猫 | 2007年4月11日 (水) 12:15

選手はどうしてるか?って??
実業団トップ選手たちもやはり剃りが主流のようです。レース前日、宿舎の浴場では、脚を剃毛してる選手が見かけられます。
何年か前の全日本ロードタイムトライアルの前日に風呂場でT字カミソリで頭から脚の先まで丁寧に剃ってた方がいました(笑)

投稿: のぐち | 2007年4月11日 (水) 12:39

こんちは。
ひさびさに剃らなくっちゃなぁ~と思ってたトコです。
剃ると汗ばんだ足にズボンがくっつくのがキツイですよね?
気乗りしないけど、今週末はツールド八ヶ岳に出るんで仕方ないっすわ。
あ~ぁ…(-_-;)

投稿: JIN | 2007年4月11日 (水) 15:50

はじめまして。(実は初めてではありませんが)

いつも役に立つ話参考にさせていただいています。

私は以前は安全かみそりでしたが、ここ数年はフィリプスの髭剃りのきわぞり用のほうで簡単にカットしています。安全かみそりほどきれいではないですがレースに出ても見苦しくない程度です。

シーズンオフは伸び放題ですね。

投稿: tom | 2007年4月11日 (水) 17:26

はじめまして
ここ数回除毛クリーム(Veet)使っています。
かみそり負けもなく、皮下再生もないので結構具合はいいんですが下記問題点があります。

・使用後72時間は再使用しないで欲しいとの記述がある。(再度毛が生えてくるまでの時間も剃るのと大差はない)
・一本大体800~1000円程度し、太ももまでやると2回弱しかつかえないため高コスト。
・基本はコスメコーナーにあるので買うときはエロ本以上に恥ずかしい。

以上の点から基本は髭剃りがいいのかなーと思いますが、除毛クリームは次生えてくる毛が細くなると書いてあるのでたまに使う分にはいいかもしれません。

投稿: 守人 | 2007年4月12日 (木) 22:09

皆さんありがとうございました。
毛の話はむちゃくちゃ盛り上がりますね。

canoさんまいどです。
グランツールの選手は剃ってますよ。「マイヨ・ジョーヌへの挑戦」にも剃るシーンがもろに出てきます。

Mackeyさんはじめまして。
これからもよろしくお願いします。
「剃ると濃くなる」は、完全な迷信です。医者もそんな事を抜かすヤブはいませんし、そんな簡単なことで毛が濃くなるなら世界からハゲの悩みはとっくに消失してます!(苦笑)

喋る猫さん、風呂の湯に脚を浸けて動かしてみてください。
毛があるとなしとで抵抗が違いますから。

のぐちさん、剃るのが一番早いのでほとんどは剃り派になると思います。

JINさんまいどです。足にズボンがくっつくのはあまり意識したことがないです。が、そうかも知れません…。

tomさんはじめまして
これからもよろしくお願いします。
きわぞりで剃るのは、私が書いているところのシェーバー適当剃りの一種です。私もやります。

守人さんはじめまして。有益なお話ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
しかし高いですね!コスト的に全然見合わない気がするなぁ。


投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年4月26日 (木) 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/14636600

この記事へのトラックバック一覧です: けのはなし:

« 携帯電話からの閲覧にココログが対応開始のお知らせ | トップページ | 花見 »