« 切削 | トップページ | 樹脂、図るに足る »

2007年5月 3日 (木)

蘇る亡霊

Operacion Puertoの呪いは生きていた。

Ivan BassoはDiscoveryChannelを正式に離脱したそうだ。
これはBasso本人の決断と発表されている。チーム側としてはむしろ慰留したようだが、DiscoveryChannelが社内の内紛でスポンサーを離れることが決まり次のスポンサーを探している段階のチームにとって、疑惑付きのエースがいるようではスポンサー探しに支障が生じると自ら判断したそうだ。

Bassoの2007年ダブルツール制覇は夢となった。

チームとしては、当初Basso とのダブルエース扱いだったLevi Leipheimerをエースに立てるのだろう。

立ち消えになったかと思われていたOperacion Puertoだが、新たに50人近い選手の名前が浮上し再審問が始まるなど、決して終わってはいない。これからも意外な選手の名前が浮上する可能性があり、見逃せない。

|

« 切削 | トップページ | 樹脂、図るに足る »

コメント

こんばんは。
私は、オペラシオン・プエルトのことをどう受け止めたら良いのか、自分のなかで、未だに混沌としてます。
ウルリッヒ、バッソ、今度はタイラー・ハミルトン。
人間の行うこと全て、商業的な要素が絡むと、不正が生まれます。
オリンピック然り、ワールドカップ然り。
私は、自転車競技を信じたい。
過酷な競技なだけに、ある種の精神性があると思っています。
お金とは決して、交わることのない何かが。
でも、お金抜きで、選手は選手生活を続けられないのも事実です。
混沌としています。

投稿: もけけ | 2007年5月 4日 (金) 20:47

もけけさん、私もコレに関してはとても全貌把握なんて無理だなと思ってます。
特に項を起こしてオペラシオン・プエルトについて書かないのもそうです。
私に書ける範疇を超えとるな、と…。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年5月 5日 (土) 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/14951789

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇る亡霊:

« 切削 | トップページ | 樹脂、図るに足る »