« ラストバトル | トップページ | 当たった預言 »

2007年7月30日 (月)

苦いぶどう酒

Le Tour de France 2007はパリに凱旋し、DiscoveryChannelのAlberto Contadorが若干24歳で総合優勝を果たした。

終わってみれば、DiscoveryChannelは3位にもLevi Leipheimerを送り込み、チーム総合優勝すら攫う(最近はT・Mobileがチーム優勝することが多かった)“完勝”ぶりだった。

Maillot Vertは念願のTom Boonenが初獲得。

選手達は、勝利の美酒に酔うだろう。彼らがその勝利のために真摯に走った行為は本物で、そこに偽りはない。

だが、皆知っている。
除外された選手が皆最後まで走っていたらこの総合順位や各Maillot獲得者は違っていたことを。
例えばRasmussenが追放されなければ、たぶんMaillot BlancがContadorなのだ。

腹の底から素直にMaillot獲得を喜べるのはせいぜいTom Boonenくらいではないだろうか。

2006年は総合優勝者が終了直後に総合優勝剥奪。2007年はMaillot Jaune保持者がステージ優勝して総合優勝をほぼ決めた途端、残り僅か4ステージでツールを追放。2年連続で薬物渦に塗れたLe Tour de France。そのダメージは計り知れない。

この勝利、少々苦い味わいである。

|

« ラストバトル | トップページ | 当たった預言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/15947381

この記事へのトラックバック一覧です: 苦いぶどう酒:

« ラストバトル | トップページ | 当たった預言 »