« 6デイズ | トップページ | Tri evo cs »

2007年8月17日 (金)

50CL

知らぬ間にこんなホイールが発売予定に。

Wh7850c50clmaincontent0002image

WH-7850-C50-CL
50mm プロファイルのカーボン/アルミクリンチャーだ。
SHIMANOもディープリムのクリンチャーに乗り出すワケですな。
営業上の理由で生まれたホイールなのが物凄くよく分かる、分かりやすい新製品。単純にCOSMIC CARBONE SLにご昇天願う商品。
7850ハブを使って目標重量1580gだから、無理して軽いハブ使っても1765gもあるCOSMIC CARBONE SLはもう完全に勝負にならんでしょ。おまけにWH-7850-C50-CLの方が安くしてくるだろうし。

謎のホイールも。

Whrs20maincontent0002image

WH-RS20-L/S
だそうで。
少スポーク構成だが1800g弱で、軽いわけではない。
「見た目重視の安価なホイール」だろうか。

|

« 6デイズ | トップページ | Tri evo cs »

コメント

しらなかたのですか・・・

投稿: 知らない | 2007年8月17日 (金) 18:39

シマノは考えを変えたのかな? ニップルがリム側に移りましたね。いままでハブ側にあった理由はどうしてしまったのか?

投稿: Nagasima | 2007年8月17日 (金) 21:11

MAVICもR-SYSというカウンターを用意してたみたいです。
どう評価していいか分かり難いホイールですが、どんなものなんでしょうか?

投稿: 通りすがり | 2007年8月22日 (水) 04:24

知らない さん、はじめまして。
はい、知りませんでした。同時発表ではなかったので。

Nagasimaさん、はじめまして。
新ホイールから次々リムニップルになっていってますね。7700から始まったシマノのユニークなホイールデザインですが、7850になって遂にめちゃめちゃ普通になりました。「トータルで軽くなってます」が理由だそうです。

通りすがり さん(この名前の人が沢山いますが)はじめまして。
R-SYSについては以前取り上げましたが、間違いないコトとして、スポークの空気抵抗が物凄くあるホイールです。14番のプレーンスポーク1本で、HED.3の3本バトンの1本分の空気抵抗を生んでいます。もっと太いR-SYSの丸いスポークがあれだけ並んでいたらどれだけ空気抵抗を生むのか、考えるだけで恐くて夜も寝られません。Le Tour de Franceでも山岳コースでだけ使われてましたが、そりゃそうでしょう。


投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年9月 1日 (土) 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/16119147

この記事へのトラックバック一覧です: 50CL:

« 6デイズ | トップページ | Tri evo cs »