« 今日も良く出ています | トップページ | 漢のサドル、真の漢のサドルへ »

2007年8月 4日 (土)

違いはあった

以前からSelle SMPサドルについては散々書いてきた。
私の愛用はstrike composit
これは依然変わる気配すらない。
strike carbonの方が軽いのだがcompositeの圧倒的な乗り心地の良さの前には霞んでしまう。

何故か。

以前も書いたとおり、strike carbonの方が軽くて薄いのに何故かカチコチなのだ。
strike compositも所詮はベースに皮一枚貼っただけ。そんなに違う訳はないのに、である。

何故か。

ずっと考えていた。
それだけで答えは出ない。strike carbonとstrike compositをことある毎に交互に触ったりしてみた。

ベースの硬さは、実はそんなに変わらないのだ。指で押して曲げてみると、大差ないのである。

じゃあどうしてこんなに硬さが違うんだ?

そして昨年12月初旬のある日、サドルを手にとって眺めていて突然気が付いた。

両者は厳密には同じ形ではないのだ。

Strike

写真手前はstrike full carbonだが、基本的にstrike carbonも同じだ。carbonの方はサドルの座面内側に強化リブとでも呼びたい部分が造作されている。strike compositにはそれがない。

ここが決定的な「しなりのありなし」の差を生み出していたのだ。L字断面とコの字断面とでは強度が違って当たり前だ。

うわあ、こりゃすげえ事を発見したぞ。

結構武者震いした。

しかも、この写真だけだと分かりにくいが、よーく付き合わせて見れば外側部分の高さもstrike carbonの方がstrike composit比で高く、構造としてより強度が増す形になっているのだ。これで同じ乗り心地の筈はない。

こうなりゃもうやるこたー決まっている。

“不要な部分”削り落としてしまえばいいのだ。

削ることで、微々たるものだが軽量化にもなる。

こうして私はstrike full carbonを入手し(これが実は難物で、削ればいいことに気が付いてから実際にモノが手にはいるまで半年待たされた)、切削に入った。手間は同じである以上、中途半端なstrike carbonでやるくらいならいっそのこと一番軽いstrike full carbonでやった方がいい。

削りすぎたら戻すことは出来ないので「削っては強度を確かめる」を繰り返しながら、Power SPLEXに装着したダイヤモンドファイルで慎重に削ってゆく。

ほぼ完成形に近づいてきたので、近日公開予定。

|

« 今日も良く出ています | トップページ | 漢のサドル、真の漢のサドルへ »

コメント

初めまして、UENOです。
いつも楽しく拝見しています。

コンポジットとカーボンの違いを見つけたときに
切削、あるいは穴を開けて剛性を低くすれば良いかも . . . と思いましたが
まさかそれを実行される方がいらっしゃるとは思いませんでした。

結果を楽しみにしています!(^^)

投稿: UENO | 2007年8月 4日 (土) 10:36

UENOさんはじめまして。これからもよろしくお願いします。
結果公開しましたので、もうご覧かと思いますがご笑覧下さい。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年9月 1日 (土) 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/15975929

この記事へのトラックバック一覧です: 違いはあった:

« 今日も良く出ています | トップページ | 漢のサドル、真の漢のサドルへ »