« 手間の掛かるペダル | トップページ | EUROBIKE2007:お笑いEUROBIKE »

2007年8月31日 (金)

謎のステム

2007年のLe Tour de France
ASTANAのKashechkinが、何故かEASTONのステムを使わず謎のステムをASTANAカラーに塗って使っているのが一部で話題になった。
正体はコレ。

S1stem_big

楕円チェーンリングで知られるROTORの製品なのである。

S1stem_still

まあ、いわゆる一つのCNC削りだしアルミステム。
何故定評あるEASTONのステムを使わないのか、真相はKashechkinのみぞ知るところだが、このROTOR S1はコラムクランプの方法が非常に個性的。

一見普通のボルトだが、違う。口径の違う2系統のネジが切ってある特殊なボルトを用い、締め込むと左右両方が内側に締まるような方式なのだ。通常は片方にネジが切ってあって片方はフリー、ねじ込むとフリーの方が引っ張られて締まる。が、S1のネジは常時両方に噛み込んでおり、ねじ込むと両方が締まる。ここがちょっと面白い。

しかし、特に超軽量だったりするわけではない。
デザイン的に多少格好いいような気はするが。

|

« 手間の掛かるペダル | トップページ | EUROBIKE2007:お笑いEUROBIKE »

コメント

ども。毎度拝見しております。当商品120mmで114gとありますので、その数字を信じるならかなり軽量な部類ではないでしょうか。ちゃんと重量と長さが書いてあるので割りと正確なんじゃないかと期待しています。
しかし見た目に関しては個人的には±10°くらいが好きなんですが、±7.5°と微妙な角度ですよね。

投稿: R_Express | 2007年8月31日 (金) 08:58

初めましてR_Expressさん、これからもよろしくお願いします。
重くは…ないでしょうね。少なくともフルカーボンのスーパーオーバーサイズでこれより軽いものはないと思います。が、バズーカのステム、手元にありますけど120mmのスーパーオーバーサイズで実測109gです。アルミ製ならこれより軽いものが幾つかあります。
角度が珍しいのとスタックハイトが低そうなのは長所(?)かも知れませんが。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2007年9月 1日 (土) 01:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/16270886

この記事へのトラックバック一覧です: 謎のステム:

« 手間の掛かるペダル | トップページ | EUROBIKE2007:お笑いEUROBIKE »