« 病気休養&再開のお知らせ | トップページ | BB30 »

2007年11月14日 (水)

埋まる外堀

嫌なニュースだ。

AFP通信:テレコムの元マネージャー ウルリッヒのEPO使用を認識か

2006年のLe Tour de France開幕前日にOperacion Puertoへの関与疑いからT・Mobileを解雇され、その後身の潔白を訴えつつ結局引退したJan Ulrichだが、この記事によると「EPOを注射しているところを見た」など、限りなくクロに近い証言が現れた事になる。

Ulrichは、紛れもなく20世紀末から21世紀初頭の自転車ロードレースに於いて一時代を築いた巨頭であった。
何度もLance Armstrongと死闘を演じた。
Armstrongが癌から生還し現役復帰を果たしていなければ、Le Tour de Franceを4回は制していただろう。
それこそIndurainの記録を塗り替えたのはUlrichだったかもしれないのだ。

そのUlrichにこの証言が出てきたのは、いちロードレースファンとしてとても辛い心境である。

|

« 病気休養&再開のお知らせ | トップページ | BB30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/17067876

この記事へのトラックバック一覧です: 埋まる外堀:

« 病気休養&再開のお知らせ | トップページ | BB30 »