« フィットしてナンボ | トップページ | まるで手品 »

2007年12月10日 (月)

別の道はなかったのか

既に多くの人の知るところだろうが、Aleksandr Vinokourovが引退を表明した。

その金髪と切れ味鋭いアタックぶりから「アジアの金狼」ともあだ名され、長年の下積みを経て「カザフスタンによるカザフスタンのためのチーム」ASTANAで遂にエースの座を掴み、2006年のLe Tour de Franceでは出走すら出来ない悲運に見舞われるもVuelta a Espanaをアジア人として初めて制覇。しかし総合優勝の大本命として挑んだ2007年のLe Tour de Franceではまさかの落車により重大な怪我を負い、総合優勝から見放される。それでも持ち前の気魄で走り続け2回のステージ優勝を遂げたが、血液ドーピング陽性の判定を受けて追放されたVinokourov

カザフスタン自転車連盟による1年間の出場停止処分が発表された後「ドアを閉めて立ち去る」と引退を表明した。

寂しい結果となった。

|

« フィットしてナンボ | トップページ | まるで手品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/17328183

この記事へのトラックバック一覧です: 別の道はなかったのか:

« フィットしてナンボ | トップページ | まるで手品 »