« 前屈無用。アキレス腱も伸ばすな。 | トップページ | XeNTiS 2008 »

2008年4月24日 (木)

5ROT 2008

登場時こそそれなりに話題に上った油圧シフトシステム「5ROT」

しかしその後あまり話を聞かなくなった。
仰天するほど高い(2008年4月現在の円/ユーロ換算レートで23万円ほど)上に出荷されないのだから当然だ。
しかし、死んじゃいなかった。

Umwerfer

死んじゃいなかったどころか、いつのまにやらFDに改良まで加わっている。これはびっくりだ!
私の覚え間違いではない。初期型(?)の映像を探してきたら

Umwerfer_gross

見比べればより一目瞭然。ガイドプレートの形からして違うし、ガイドプレートの本体への固定方法も変わっているし、油圧シリンダーの駆動軸の位置も変わっているしで、かなり大幅な変更が加わっている。フレームへの固定方法まで、挟み込むようになっていたのが別体式のバンドを絞るような形式に変わっている。

油圧ばかりが注目されがち(当然)な5ROTだが、FDで6箇所、RDに至っては16箇所!もベアリングが使われているなどローフリクションへの拘りが尋常ではない。

Schalthebel

所詮自転車の外装変速機なのだからそんなにベアリングを入れまくらなければならないほど高い負荷など全然かかっていないだろうが、スムーズで軽いシフトの実現に物凄い情熱を傾けているんだろう。そのローフリクションへの狂気じみたこだわりが油圧作動を選択させたのではないか。いかにもメカオタクな人が作っているような印象を受ける。

CNC削り出しの部品を1個1個手でチマチマ組み立て作っている(以前「この粗さはラフィングエンドミルで削ってるんじゃないかとすら思える」とコメント頂いたが、そのへんの粗さは直っていないし今後も直す気がないように見える。もしかすると切削作業時間を減らすため本当にラフィングエンドミルだけで削っているかも知れない)そうなので価格低下とか潤沢な供給とかの可能性はほとんどゼロだろうが、これからも潰れずに続けて欲しいメーカー(工房)だ。

|

« 前屈無用。アキレス腱も伸ばすな。 | トップページ | XeNTiS 2008 »

コメント

いつも楽しみに見させていただいております。
このデザインめっちゃイケてると思うんですが、斬新なメーカーってコスト問題に耐えてがんばって欲しいものです。

投稿: 自転車好き店長 | 2008年4月25日 (金) 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/40957031

この記事へのトラックバック一覧です: 5ROT 2008:

« 前屈無用。アキレス腱も伸ばすな。 | トップページ | XeNTiS 2008 »