« 進化のカタチ | トップページ | カンパしてあげたい »

2008年6月10日 (火)

「マイハンドル」の時代

最近、一流レーサーの間では「自分専用エアロバー」を作ってもらうのがトレンドのようだ。

かつてはUlrichWalser Cycleのオーダーエアロバー「Bar」を使用したりしていたくらいだが、今は珍しくも何ともない。

90980

Giro d'Italia 2008で一番凄かったのがコレだろう。
いやはや、なんとも。

完成されたポジションの持ち主でなければ作り得ない、アジャストが存在しない完全一体型エアロバーだ。このハンドルに於いては「ここをもう少し」が一切不可能に近い。

ステム部分の物凄いボリュームが「なまこ」のようでちょっとユーモラスでもある。

|

« 進化のカタチ | トップページ | カンパしてあげたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/41484819

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイハンドル」の時代:

« 進化のカタチ | トップページ | カンパしてあげたい »