« 魔法はあり得ない | トップページ | カルトテクノロジー »

2008年7月29日 (火)

electric for CLM

昨日Carlos Sastreの総合優勝で終幕したLe Tour de France 2008で、大方の予想通り電動DURA-ACEのCLM仕様、つまりTT用部品がテスト投入されていた。

Aeroshifters2

バーエンドシフター。
レバーが必要ないので物凄くシンプルである。

Shimanosettshift

アップシフトボタンとダウンシフトボタンだけのごくシンプルな作り。

Langbarset2

そして大きなポイントとして、ブレーキレバー部でもシフト可能。

Brakeshift2

このシフター兼ブレーキレバーは一体成形で、極めて完成度が高い。すぐ売り出せそうな作りになっている。
このようなシフターを備えることで

  1. スタート、またはゴールや急坂時にダンシングしながらでもシフトできる。
  2. タイトコーナー通過時のシフトダウン、シフトアップが容易。

スタート時や、コーナーを通過したあとダンシングしながらシフトアップして行けるのはロスが少なくなって素晴らしいと思う。従前このパターンでは

  1. 軽めのギアのままで脚が回りきってしまうまでブンブン回す
  2. 予め重めのギアにシフトしてガンガン踏む

のどちらかでカバーしてきた。大抵後者なわけで、そのぶん余計に「脚を使って」いたのだ。前者だとするとよほど脚が回る人間でない限り伸びに劣り今度は脚ならぬ速度をロスする。

複数箇所にシフトスイッチを設けるのは、少なくともワイヤーでシフトしている限り極めて難しい。工夫すれば出来ないことはない(商品も存在する。私も持っている)が、現実にはシフト時の抵抗が増大するなどの問題でシフトに少なからぬ悪影響が生じてしまう。それが電動であれば、極端な話3カ所や4カ所付けたところでスイッチと配線のぶんだけ重くなる以上の弊害は生じ得ない。

そう書くと「シフターなんて1カ所あればいいんだよ」と宣う人は多かろうと思う。シマノの人間だって電動化に半信半疑だった。

ところがシフトスイッチの場所が現行STIと同じだとしても、同じレースを走らせて電動の方がトータルのシフト回数が随分増える結果となった。シフトがスイッチポンとなりシフトのストレスが減った分だけライダーはより最適なギアを選ぶようになったのだ。この結果はシマノ自身にとっても驚きだったらしい。それだけ7800の完成度に自信があったからだろう。もはや改良の余地などないと思われるほど完成されていた現行シフト体系も、ライダーに知らず知らずのうちにストレスを与えていたのである。人間は正直だ。口では色々ほざけても実は面倒臭かったり鬱陶しかったりするものは、このように計測してみるとちゃんと結果に現れる。シマノが7900で段数を増やすのではなく「よりスムーズで、より操作に制約のないもの」を作り上げたのも、電動で得たテスト結果が絡んでいるのは間違いない。

電動DURA-ACEは、TT用のスペシャル機材として見た時かなり大きな存在意義があると思うし、私は正直な話ドロップハンドルであってもシフトスイッチは3箇所あるのがベストだと思っている。

|

« 魔法はあり得ない | トップページ | カルトテクノロジー »

コメント

おひさしぶりです。

とうとう、商品化の足音が近づいてきましたね。いくらぐらいになるんでしょうね。3~4万くらい?

個人的には奥歯に仕込んでみたいです…

投稿: cano | 2008年7月29日 (火) 02:23

 確かにドロップハンドルではショルダー部と、昔もがきながら小指でバーコンを操作していた様にエンド部に操作ポイントが欲しいですね。

ただ、変速するという行為も推進力の一部なのだからワイヤーを引くことをモーター任せにするのはあくまで人間だけの力でレースをしたい者としては少々気が引けます。
それにUCI競技規則の
推進力の項目や機械より人間が優位云々の行等にも反するきがしますが、UCIは問題としないのでしょうか?

投稿: もも | 2008年7月29日 (火) 07:30

はじめまして。tarmacさんのところからきました。

電動シフトは興味深いです。
もし仮にシマノがPMを真剣にやるつもりがあるなら「PM連動=セミオートマ化」なんてこと近い将来可能になるわけで。。。

投稿: 安価白 | 2008年7月29日 (火) 10:50

こんばんは★
前々から読ませていただいていますが、
初めて書き込みます。

このシフトスイッチ、非常に画期的で
今すぐにでも導入したいと思いました。
形状もシンプルでいいですね。

ところで写真のPROのミサイルモノコックは
新型なんでしょうか。バーが現状とは違い
水平になってますけど・・・。気になります

投稿: yosh | 2008年7月29日 (火) 23:07

はじめまして、いつもおもしろい記事を読ませていただいております。
私はMTB乗りで、フラットバー+バーエンドではありますが、
シフトスイッチが複数あるべきには非常に同意です。
いまだ、バーエンドでシフトできるリモートシフターを愛用してたりします。
シマノにはいま一度作ってもらいたいものの一つです。

ああ、あと、いつになったら、ローノーマルのシャドーディレーラーは出るんですかね(^_^;)

投稿: MTB部品オタク | 2008年7月30日 (水) 02:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/41995908

この記事へのトラックバック一覧です: electric for CLM:

« 魔法はあり得ない | トップページ | カルトテクノロジー »