« にくの日(2月9日)にはチト早い | トップページ | メーター、それぞれの道 »

2009年2月 9日 (月)

サイヤ人の子供たち

かつて「スーパーサイヤ人なカメラ」として取り上げたCASIOのEXILIM PRO EX-F1だが、後継機種が続々と出てきた。

Exfc100_we_theme_s

Exfs10_we_theme_s

EXILIM PRO EX-F1のあとEXILIM PRO EX-FH20をまず発売。次に上掲写真が今日2009年2月9日、肉の日(これは関係ない)に発表されたばかりの新機種。遂に薄型でも高速連写の時代だ。

スペック的にはEXILIM PRO EX-F1>FH20>EX-FC100EX-FS10とダウンして行く(ただしFH20は一部だけF1を上回っている部分もある)が、今回の薄型でも6MP画像を30コマ/秒撮影可能だし、画素数が激減するので特殊な用途に限られはするだろうが、例の4桁コマスーパースロー機能も、薄型は秒1000コマに“落ちた”が受け継いでいる(F1は最高1200コマ/秒)。このスーパーサイヤ人モード(私が勝手に名付けた)で

「ゴルフスイングのインパクトの瞬間を捉える」
「バッティングでボールにバットがめり込んでいるインパクトの瞬間を捉える」

などの常人では従前まず不可能であった撮影がトライ初日でサックリ撮れたりするようになったのは間違いない。Burstモードで連写撮影すると「シャッターボタンを押す前の映像も撮り続けているので押し遅れた時もカバーできる」機能であるとか1280x720x30fpsのHDムービーも撮影可能だし、ムービー撮影をしながら静止画撮影を随時行う機能も薄型まで受け継がれており、スペックダウン(連写コマ数が段々減っているとかF1だけ1920×1080のフルHDムービー撮影可能であるとか)しているものの「基本的に同じ機能をほぼ全部受け継いでいる」のは偉いと思う。スペックを詳細に比べてみると「F1だけ頭一つ抜けた連写性能で、他の機種は連写やムービー関連の機能がほぼ同じで、FH20だけかなりワイドまでのレンズと乾電池でも使える汎用性を持っている」感じだ。薄型ではFC100でCCDシフトの手ぶれ補正がありFS10にない。敢えてぶれさせようとしているのかと思うほど不安定な持ち方で撮るのが主流になっている薄型デジカメに手ぶれ補正のあるなしは大きいので、FC100とFS10は実撮影結果で値段以上の差が出るだろう。

小型デジカメは携帯のカメラがどんどん進化するのに押されて大苦戦中だが、この手の機能で差別化を図ってゆく方向に向かうのであろうか。CASIOはその気である事を記者会見でもはっきり表明した。

気のせいか、スーパーサイヤ人F1以降、他社の新機種も秒15コマとか秒10コマの連写機能を付けたのを売りにしている場合が増えたように思う。

|

« にくの日(2月9日)にはチト早い | トップページ | メーター、それぞれの道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/44010092

この記事へのトラックバック一覧です: サイヤ人の子供たち:

« にくの日(2月9日)にはチト早い | トップページ | メーター、それぞれの道 »