« ジロ・ディ・イタリア 峠と歴史 | トップページ | 骨折はArmstrongを止められない »

2009年4月23日 (木)

「幸せ」と「漢のロマン」と

1巻まるまる使って見事に横道に逸れてしまうステキな13巻

本編相当部分としては全く進んでいないに等しいのだが、木城ゆきとの書きたかったコトは伝わってくる。

ようは81話で絶火が語った内容が全てだろう。
それを描きたかったから1巻全部使っちゃいました、と。

多くのファンが指摘しているが、絶火は木城ゆきと自身(が持っている憧憬)の投影だとワタシも思う。

|

« ジロ・ディ・イタリア 峠と歴史 | トップページ | 骨折はArmstrongを止められない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/44757017

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸せ」と「漢のロマン」と:

« ジロ・ディ・イタリア 峠と歴史 | トップページ | 骨折はArmstrongを止められない »