« エイプリルフールじゃない。ULTEGRA 6700 | トップページ | 冬を耐え抜けば必ず春が来る »

2009年4月 4日 (土)

SCOTT makes

SCOTTが、COLOMBIA HighRoadの求めに応じてTT用フレームを完全に1から作り直しているらしい。

スパイフォトではなく、SCOTT自身が製作映像を提供しているのも面白い。

Scott_tt

2008年にデビューしたばかりの新PLASMAの面影はほぼゼロ。
HighRoadが使ってきたあの非常に個性的な謎のTT用フレームと同じデザインが全面的に採用された。微妙なアレンジ…と呼ぶよりも「改良」は加わるだろうが、事実上「同じモノをSCOTTで型を起こし作っている」感じで、上掲写真の通りあの非常に特徴的なヘッドチューブ周りのデザインは受け継がれ、かつより洗練されたプロダクト製品となっている感じだ。

SCOTTはこのフレームを売り出す気なのか?
それが気になる。

売り出すとしても、このハンドル周りはBMC timemachine TT01のようにフルオーダー販売でないと普通のフレームよりもむしろ「使えない」自転車になってしまいそうだし、このレベルの作りでフルオーダーとなると「売っているけど売っていないのと同じ」値段になりそうだが。

|

« エイプリルフールじゃない。ULTEGRA 6700 | トップページ | 冬を耐え抜けば必ず春が来る »

コメント

新PLASMAの方が個人的には好きですが、今年フレームセットをオーダーしたら、
『金型の一部修正で納期が遅れ、チーム供給用も遅れています。予定納期は5月末頃です。』
との返答でした。
それもあってHighRoadにTTバイクが回らずに別のTTを使っていたんだと思います。
新型TTも売る気は別(売られても価格に唖然)としても、完成が気になりますね?

投稿: Lightweighter | 2009年4月 4日 (土) 08:22

如何様にも創作出来るカーボンのメリットが生きているなと、
各社TTバイクを見るにつけ思う昨今です。

あるメーカーは見た目の格好良さも軽視しないという点で努力をし、
あるメーカーは見た目は頭に入れず徹底的に空気抵抗を減らす努力をし、
あるメーカーは上手いこと両方の要素を取り入れてみたりして。

私は一時期再び金属フレームが復権すると思っていましたが、
アグレッシブに(形状も考えて)開発をするならばカーボンの方が適しているわけで、
まだまだカーボンは廃れないと思い直しました。

投稿: Y.Saito | 2009年4月 4日 (土) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/44558944

この記事へのトラックバック一覧です: SCOTT makes:

« エイプリルフールじゃない。ULTEGRA 6700 | トップページ | 冬を耐え抜けば必ず春が来る »