« 巨星墜つ | トップページ | XeNTiS Mark1 TT »

2009年6月28日 (日)

顎骨侮り難し

話題?のJawboneが手に入ったので使ったりイロイロ触ったりしてみた。

Jaw1

  1. 当然だが、レンズ交換は物凄く簡単。OAKLEYのサングラス史上最も交換しやすいのではないか。どんくさい人がやらない限り指紋も付けずに交換できる。
  2. かのRACING JACKETの次くらいに怖い外観をしている。押し出し満点。(RACING JACKETの押し出しは200点くらいの別格級だと思う)
  3. Ventedはそれなりに仕事をしている感じ。
  4. STRAIGHT JACKETあたりと較べると、下のフレームが案外視界に入らずいい感じである。
  5. 明らかに、鼻が高くて彫りが深い顔向けの造形である。
  6. 目の周囲が綺麗にドーム状に覆われるようなイメージで上下左右全部に隙間が少なく、光からも物質からも高いプロテクション効果が期待できる。
  7. 関節部分が幾つもあるので、応力がかかると当然ギシギシ鳴る

5は要注意で、例えばワタシはFLAK JACKETの場合、アジアンでないUSフィットの方が合うし、ノーズも低い方で使っているような人間である。STRAIGHT JACKETに至ってはアジアンフィットだとテンプルはユルいしノーズは無駄に高いしで、目がレンズの中心よりも下に来るほどサングラスが上を向いてかなりヘンな感じになる。だが、Jawboneは高い方のノーズでないとダメだ。Jawboneの方がフレームの作りが大柄になっているせいだと思う。特徴的な“アゴ”部分の造形を見ても、OAKLEYはアゴ部分を眼窩に乗せて固定することを想定しているような作りだ。ようは眼窩に填め込むような装着イメージで、レンズと目の間隔が近い。まさにRACING JACKETのそれと似ていて、結局Jawboneとは「レンズ交換を恐ろしく簡単にした、折り畳み式RACING JACKET」なのだと思う。ああ、それとRACING JACKETよりコワくないのも大事なポイント(笑)かな。個人的感想の問題だと思うのだけど、RACING JACKETをはめてる人って目ヂカラ増幅しすぎてもはや怖い。知り合いにもRACING JACKETのユーザーが居て、彼は凄く穏やかで人の良さそうな外観の持ち主(注:ナカミも穏やかでいい人です)なのだけど、RACING JACKETはめてる時は「話しかけるのに激しく躊躇する」度100点満点の外観に変身。怖い人に変身したいなら問題ないだろうけど「あれはちょっとなあ」といつも思っていたのだ。レンズ交換のしやすさは「感動的」ですらある。

Jb2

5さえ問題にならなければスポーツ用EyewearとしてRadarを上回ると感じられる部分も多く、その完成度には「すみません。正直ちょっとナメてましたオレ」OAKLEYに謝りたくなった。

|

« 巨星墜つ | トップページ | XeNTiS Mark1 TT »

コメント

装着した時の怖さに関してですが、
レンズの色も関係するのではと気付きました。

あくまで私がRadarを装着した時の顔を、私自身が見て判断した感想ですが、
Black Iridiumでは私の顔も含めた見た目は最悪で、すごくワルそうに見えます。
同じIridiumレンズでもIce Iridiumでは最悪というほどではなくワルさが減少したように見えました。
そしてClearになると変な形の眼鏡ですかというくらいまでワルさが抑えられます。

眼が隠れるかそうでないかの違いだけかと思っていましたが、そうではないようです。

投稿: POLA-MIN | 2009年7月13日 (月) 17:31

POLA-MINさんまいどです。
個人的には、透けるレンズにすればイケる?も微妙な感じがしました。
案外明るくて顔の色に近いフレームに、反射光が明るいイリジウムレンズの方がまだマシかなと…。

フレームのインパクトが強すぎて、しかも形がアレですから、瞳が見えれば好印象とも行かない感じです。メガネかけると顔の形が変わるわけですが、Jawboneは「激変」するんで似合う顔と似合わない顔がありますね、はっきり。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2009年7月17日 (金) 19:34

はじめまして。
JAWBONEの検索から参りました。
まだ試着していないのですが、STRAIGHT JACKETも検討していたので参考になります。
やはり装着するとおぞましい感はあるのでしょうか?
あと、私はアジアンの骨格そのものの顔をしているのですが、JAWMONEの場合フィットしにくいでしょうか?
ちなみにRADARはジャパンフィットを使っています(USフィットの比較はしてないのですが)

投稿: 海が好きな男 | 2009年7月24日 (金) 08:51

海が好きな男 さんはじめまして
これからもよろしくお願いします

「どのくらい恐い感じになるか」は、その人のもともとの顔がどのくらい「濃い」かに凄く依存します。もともと彫りが深くゴツゴツした顔の人だと、あんまり変わらないように思います。たとえばGeorge HincapieはJawboneをかけてもほとんど恐くなっていません。

Radarのアジアンフィットは単にテンプルの開きの幅が違うだけでレンズの曲率は何も変わってませんので、実はアジアン向きかどうかの判断には全然役に立たなかったりします。HALF JACKETやFLAK JACKET、STRAIGHT JACKETなどはフレームの形からして違った筈です。

ノーマルのJawbone(まだアジアンフィットは売られていない筈です)は、Radarより間違いなく「彫りが深い顔向け」です。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2009年7月28日 (火) 20:44

こんにちは、すごく参考になります!
RADARの曲率がアジアンもUSも同じとは知りませんでした・・・。
でもこれで選ぶバリエーションが増えるのですごく嬉しいです!

ちなみに先日JAWBONE試着してみました。
フレームがあるのに視界がすごく広く感じました。
思ったより自分でも違和感がなかったので欲しくなりました・・・。

投稿: 海が好きな男 | 2009年7月29日 (水) 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/45477165

この記事へのトラックバック一覧です: 顎骨侮り難し:

« 巨星墜つ | トップページ | XeNTiS Mark1 TT »