« 「妥協、もしくは手抜き」なのか「どこまでも実戦主義」か。PLASMA 3 TT | トップページ | 「濃い」チーム »

2009年7月13日 (月)

COSMIC CARBONE SLR

2009シーズンに販売開始されたばかりのCOSMIC CARBONE SLRだが、Le Tour de France 2009では、名前が同じだけで何もかも違うホイールがテストされている。

Slr

  1. フルカーボンリムになっている。
  2. リムハイトが明らかに高い。これは50mmではない。Aeolus 6.5ほどではないと思うが、60mm弱はあるだろう。(その後更に調べてみたところ、リムハイト55mmだそうだ。珍しいリムハイトである)
  3. COSMIC CARBONE SLRはCOSMIC CARBONE Ultimateばりのフルカーボンスポークを売りにしていたのだが、ステンレススポークに戻っている。
  4. カーボンシェル+金属フランジのハブ使用。

Slrup

Slrhub

モデルを重ねる毎に、重い重いと苦情を出され続けた重量(昔は前後合計2kg以上あったのだから「重すぎる。何とかしろ」と苦情が来て当たり前だが)を何とか軽量化するための苦肉の策だと思うが、リムハイトがどんどん減って行ってUltimateではいよいよ50mmすら切ったCOSMIC CARBONEシリーズ。久々にリムハイトを戻した(COSMIC CARBONEのリムハイトは登場当初の頃60mm以上あったのだ)のも興味深い。リムハイトを高くしてもソコソコの重量に収めるだけのカーボン成形技術がMAVICにも備わってきた事を意味しているのだろうか。

MAVICは意外と商品化まで2年くらい引っ張ることもある(逆に、現行COSMIC CARBONE SLRのようにレースではほとんどテストせずに売り出すこともある)ので2010モデルとして出るかどうかは微妙だが、市販化そのものはされるだろう。

|

« 「妥協、もしくは手抜き」なのか「どこまでも実戦主義」か。PLASMA 3 TT | トップページ | 「濃い」チーム »

コメント

相変わらずスポークはブレードですね。

オーバル断面のものを使うと値段が高くなりすぎるからでしょうか?

投稿: Carbon_Cloth | 2009年7月13日 (月) 14:13

手元にあるコスカボSLRと、2番目の画像のリムを見比べてみても、
ハイトに1cm近い差があるとは思えないのですが。

投稿: VF-1 | 2009年7月13日 (月) 22:59

初めてコメさせていただきます。
なんとなく思ったんですが・・・コスミックカーボンPROのような気がします。
シールだけSLRにしたものではないでしょうか?
勘違いだったら申し訳ありません。coldsweats01

投稿: はる | 2009年7月14日 (火) 13:05

みなさんありがとうございます。

更に調べてみたところこのプロトタイプのリムハイトは「55mm」だそうです。
よって

・「COSMIC CARBONE PROのシール貼り直し」はありません。
・「1cm近い差」は確かにないですね。5mmの差でした。
・スポークがオーバル形状でない。そこはそれ、抜けるところはトコトン抜くMAVICさんですから(笑)

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2009年7月17日 (金) 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/45597812

この記事へのトラックバック一覧です: COSMIC CARBONE SLR:

« 「妥協、もしくは手抜き」なのか「どこまでも実戦主義」か。PLASMA 3 TT | トップページ | 「濃い」チーム »