« 無限の住人 25巻 | トップページ | EASTON 2010年モデルに見えた、新たな競争の始まり »

2009年10月 1日 (木)

この作者が本来活きる場所の具現「シスタージェネレーター」

今回は「竹易てあし」ではない「沙村広明短編集」

自身予想していなかったほど「無限の住人」が長くなってしまった(当初は12巻くらいで終わる気だったらしい)せいで

沙村宏明≒無限の住人

になってしまったのだけど、この人は短〜中編の方が本来得意ではないかと思われるくらい“光る”短編を描くし、コメディものがイケる。その典型例の一つが「おひっこし」だろう。

本作も、長ったらしくて意味がよく分からないものが列ぶタイトルといい、とっても“らしい”短編集に仕上がっていて最高である。

|

« 無限の住人 25巻 | トップページ | EASTON 2010年モデルに見えた、新たな競争の始まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/46347858

この記事へのトラックバック一覧です: この作者が本来活きる場所の具現「シスタージェネレーター」:

« 無限の住人 25巻 | トップページ | EASTON 2010年モデルに見えた、新たな競争の始まり »