« 真逆のアプローチ | トップページ | 5割じゃもの足りない »

2009年12月22日 (火)

それは「懐かしい言葉」

最近、この本にハマったせいで更新がヤバくなっていた。

「情報操作」を意味するスラング「スピン」そしてソレを仕掛けるプロ「スピンドクター」について、シロウトでも分かるように書かれた本だ。

ワタシが「スピン」なる言葉をはっきり認識した最初は、かわぐちかいじ作「イーグル」である。以来、スピンと聞くとビビッと来る。作中ではまさに絵に描いた(漫画なんだから「絵に描いた」じゃあそのまんまじゃねえか!笑)ようなスピンドクターによるスピン合戦が展開する。

知らない人はもちろん、「んなこたぁ知ってんだよ」と思っている人にもお勧め。

「んなこたぁ知ってんだよ」な人ほど、分かっているつもりの間違った思い込みで恥をかいたりするからね。

|

« 真逆のアプローチ | トップページ | 5割じゃもの足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/47080903

この記事へのトラックバック一覧です: それは「懐かしい言葉」:

« 真逆のアプローチ | トップページ | 5割じゃもの足りない »