« 進化しすぎて進化の袋小路? | トップページ | あと96日 »

2010年3月 1日 (月)

LEWで竜を組み上げるとはイカレたオヤジギャグだ

「お前なら何を選ぶ?」

「PRO VT-1 +B
やはりVT-1しかないでしょう
それも最高のメカが組み上げたとびきりの“+B”でなければ…」

「それがお前の竜になるのか?」

期待していたax lightnessのリムが案外正気(笑)だったので、探し回って今は亡きLEW Racing謹製「VT-1 +B」リムを入手。

ボロン配合率を上げた「250g未満保証」の品(通常モデルは280g未満保証)だ。
不思議?な事にEDGEもax lightnessも未だこの「+B」を下回る軽量の50mmクラスリムを出せていない。

発売後かなり経っても上回る製品が出てこないのは、軽量パーツの世界では珍しい。このジャンルでは「世界最軽量」以上にインパクトのある売り文句はないため、一社が世界最軽量を独占できる期間はそう長くない。

LEWの製品がいかに「イカレた最先端」だったかが分かる。

地味なところでは重さ以外に「放熱特性に優れたボロンのお陰で、ハードブレーキングに耐える上、カーボンリム専用ブレーキシューを必要とすらしな い」ユニークな固有の長所も有している。これも未だ他社が超えていないポイントだ。+Bに限らない長所だが、ボロンのお陰でそうなっているのだから+Bで はもっと強いんじゃないか?(ブレーキングに)と思っている。

LEW Racingは重さに関してフカシがない事に定評があった(ただし最後の最後で盛大にバックオーダー詐欺ぶっこいたまま夜逃げ倒産する特大のフカシをこいてくれた)が、確かにコイツも250g未満どころか240gを切っている。そこそこの部品を選んでPowerTapハブで組むと「700gくらいのPowerTapハブホイール」が出来上がる。今のところ「実測700gを切れるんじゃないか?」と希望的観測。

あくまで、

PowerTapを使うための“+B”

である。

軽さだけなら、前後Lightweight使っておけば剛性面のアドバンテージ(使ったことがある人なら議論するまでもないように、 Lightweightの剛性の素晴らしさは抜きん出ている)まで考えると最も理に適っている。が、少なくともワタシの思うようなSRMが出るまで PowerTap以外の選択肢は現状考えられず、PowerTapの「使用者が気を遣わなくて良い」度が抜きん出ているのは、使うほどに実感する偉大な長 所だ。そうなると「いかにしてPowerTapハブで戦闘力の高いホイールを組むか」に知恵を絞る必要がある。軽さだけならEDGEの1.25かax lightnessのロープロファイルの方が試してみるまでもなく軽いのだが、あえてエアロにこだわる。そこは譲れない。軽量化スペック競争をしているん じゃなくて速く走るためのホイールを組みたいのだから、空力を無視することはあり得ない。

ファクトリーコンプリートじゃないから走ってみての再調整は当然あるし、それ(走っては調整、を繰り返し最適なテンションをツメてゆく)が出来るのが手組の良さですらあるので、今から組まないとシーズンには間に合わない。

遅すぎでもないが、早すぎることはない入手タイミングだ。

|

« 進化しすぎて進化の袋小路? | トップページ | あと96日 »

コメント

>いかにしてPowerTapハブで戦闘力の高いホイールを組むか
ボクもこの命題に対してほぼ同じ答えにたどり着きました。
“+B”じゃない理由を北見サイクル風に言えば、
『当然のように何万キロもノントラブルで走って
そして何年かのち誰かがホイールをバラしたとき
ああ、こんなによく考えて作られていたんだ
そうわかってくれるホイールに仕上げたい
・・・結局ただの自己マンかもしれないけどナ』
って事で(笑)。

投稿: シュン | 2010年3月 1日 (月) 18:32

はじめまして。お邪魔します。
ロードらしき物には乗っていますが、私とは(基本的にサイクリング程度なので)別世界の為、面白い読み物として拝見させていただいてます。

特に湾岸ミッドナイトネタ、大好きです。

投稿: zimajima | 2010年3月 1日 (月) 19:56

こんにちは。
そのホイールは僕も欲しいですね(笑)
確かにLightweightの乗り味はスパルタンですね。
ブレーキ性能も文句なしです。
ただ僕はLightweight以外のディープリムを使った事がほとんど無いので比較が出来ませんが…

今年はSRMクランク購入を検討中です。

投稿: Lightweighter | 2010年3月 2日 (火) 19:36

いつも興味深く読ませて頂いています。有難うございます。

さて、私が持っているVT-1は11B+12Cとの表示がありハブをtuneの手組みで360/492計852gを達成しており超軽量に仕上がっています。
ただ、リムのブレーキ面が波打っていて、ブレーキを掛けると効きにムラがあり、天然ABS付です(苦笑)
只今、凸の部分を削る職人作業中です。

それにしてもいつも思いますがLIVESTRONGさんの文才の高さは何処から来るのでしょうか?

投稿: yuujifukusima | 2010年3月 5日 (金) 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/47694703

この記事へのトラックバック一覧です: LEWで竜を組み上げるとはイカレたオヤジギャグだ:

« 進化しすぎて進化の袋小路? | トップページ | あと96日 »