« 実るほど頭を垂れる稲穂かな | トップページ | CAS »

2011年3月21日 (月)

Fulcrum racingSpeed XLR80

ディープリム化の流れに乗り損ねていた感が強かったCampagnolo/Fulcrumだが、先ずは「racingSpeed XLR80」でやっとこの潮目に乗るようだ。

長らく「お約束」のようにリムハイト50mm F18/R21だったのを全て崩し、リムハイト80mm、F16/R18の更なる少スポーク化を行う。

「リア18本は少なすぎる」と見る向きもあろうが、Two to OneアレンジとXLRで採用されたRの駆動側大径フランジ、そしてストレートプルスポークを使っていることは、Lightweightのようにリム、スポーク、ハブを剛結する構造を除き最も少スポーク化に強い基本設計なので「同じヤルなら一番向いている」のは間違いないだろう。

公表重量で前後1600gを切っている。実測1600gくらいかな?

この分野で空力と軽さを最も両立したのはReynoldsのRZR 92.2だろうが、市販型は当初公表された数値より100gくらい重くなっているので、カタログスペックならほぼ同等。ハブはどう考えてもCULTを使っているFulcrumの方が良いので、案外競争力あるかもね。

|

« 実るほど頭を垂れる稲穂かな | トップページ | CAS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/51178200

この記事へのトラックバック一覧です: Fulcrum racingSpeed XLR80:

« 実るほど頭を垂れる稲穂かな | トップページ | CAS »