« レバー方式 | トップページ | オーストリア産の海星 »

2012年6月 1日 (金)

DURA-ACE 9000 Unveiled

Giro d'Italia 2012にもテスト投入されていた、11SPEED化されたDURA-ACE 9000が正式発表された。
SHIMANOの公式専用サイトで概要を見ることが出来る。

メカ式も興味深い変更が幾つかあるが、ワタシの興味は9070のみ。
7970で感じた不満が綺麗にツブされていた。

まったく、金はいくらあっても足らんよな(溜息)

|

« レバー方式 | トップページ | オーストリア産の海星 »

コメント

TT用スイッチ…!普通に思い付くことを普通に取り入れてきましたね。

あと、レバーが史上最もハの字なのでは?!などと。

ブラケット形状は7800の時の楕円形状よりも7900から取り入れた四角形状の方が人間工学的に良好らしいですね。

あとフロントディレーラーとブレーキなんですけど、長くなるのでやめときます(苦笑)

投稿: yuwskey | 2012年6月 2日 (土) 14:26

いつも楽しく拝見しています。
内灘に向け追い込まれている頃でしょうか。

7970で不満に感じられ、9070で解消されたことに非常に興味があります。
以前のログも拝見したのですが、どれを指されているのかが自分はわかりませんでした。
もし、お差支えなければ教えていただけると幸いです。

P.S.
http://www.cyclowired.jp/?q=node/85522
↑のアンディの背中がすごく気になるのですが、すでに話題にされた内容なのでしょうか?

投稿: ちき | 2012年6月 8日 (金) 13:13

オーシンメトリックとヴィスタインテグラルとの互換性が気になります。チェーン細くなっているんですよね……。

投稿: kezy | 2012年6月 9日 (土) 02:19

yuwskey さんまいどです。
9070のTT用スイッチの改善はデカイです。7971は操作ミス多いですよ。選手からも押し間違うと文句がけっこう来て、それでああなったそうです。

ちき さんお察しの通り内灘に向けてやりすぎてダウンしました(苦笑)
上記の通りTT用スイッチが1ボタン式(トグルスイッチ風)になったのが大きいです。あれ、押し間違うんですよ。シフトアップ/ダウンの配列がST7970と7971系で違うのも余計ミスを誘発し、マッタク頂けないです。
シュレックの背中は、冷却材でしょう。HTC HighRoadが使い始めてから流行ってるようです。

Kezyさん、チェーンはもちろん細くなってますね。どうなることやら。

投稿: LIVESTRONG 9//26 | 2012年6月17日 (日) 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/54850169

この記事へのトラックバック一覧です: DURA-ACE 9000 Unveiled:

« レバー方式 | トップページ | オーストリア産の海星 »