« RT6TT | トップページ | SGY-PM900 »

2012年8月31日 (金)

BLACK PRINCE

まだ市場では見かけていないが、SWISSSTOPからカーボンリム用ブレーキシューとして久々の完全新規製品「BLACK PRINCE」が出る。前回のようにYellow KINGの外形微小改良ではなく、完全に新しい製品だ。

ようは、長らく定番であり続けた有名なYellow KINGの後継モデル。
Yellow KINGとの違いは…

  • YellowKINGより効く。
  • 耐熱温度300℃が「売り」だったYellowKINGと真逆の発想で、熱が上がらないように工夫した。
  • 名前の通り真っ黒。
  • 寿命はYellow KINGより短いようだ。

かつてカーボンリム用ブレーキシューとくればSWISSSTOP Yellow KING、コルク、Campagnolo純正が御三家くらいの勢いだった。このBlogが始まった頃既にYellow KINGは存在したので、大変長生きした商品でもある。いろんなカーボンリムホイールの純正品としても採用された。例えばSRAMやMAVICの「純正」はYellow KINGのOEM品である。が、その後「SWISSSTOP Yellow KINGは使用不可」指定するカーボンリム/ホイールがちらほら現れはじめ(ZIPPのように「Campagnolo純正は使用不可」指定もあったが)、しかしそのYellow KING使用不可指定をしているメーカーの“純正”ブレーキシューが何を隠そうSWISSSTOPのOEMだったりする(Yellow KINGでこそないが)シュールな状況も生まれたりしていた。そのようにSWISSSTOPとしてはYellow KING以降色んなホイール/リムビルダー向けのOEMブレーキシューを生産してきた経験の中から新・定番のレシピを作り上げ、この度遂にデビューだ。同じSWISSSTOP製でも「そのメーカー専用OEM品」に比べると制動性能で落ちる可能性は否定出来ないだろうが、色んなホイールを使う人間にとって定番の進化はありがたい。ZIPP用のTangente Platinum Pro Evo(何を隠そうSWISSSTOP製造だが)と並び、いま最も気になっているブレーキシューである。ワタシの勝手な憶測では、この2つは外観が違うだけの兄弟だと睨んでいるのだが。

|

« RT6TT | トップページ | SGY-PM900 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170044/55539693

この記事へのトラックバック一覧です: BLACK PRINCE:

« RT6TT | トップページ | SGY-PM900 »